アンドレア・バッティストーニ / 指揮者ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/伊福部昭:シンフォニア・タプカーラ、ゴジラ〔UHQCD〕

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

アンドレア・バッティストーニ / 指揮者

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/伊福部昭:シンフォニア・タプカーラ、ゴジラ〔UHQCD〕

[ALBUM] 2018/04/18発売

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/伊福部昭:シンフォニア・タプカーラ、ゴジラ〔UHQCD〕

COCQ-85414 ¥3,000+税

※高音質CD「UHQCD」採用

直営ショップで購入

ダウンロード

アントニン・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 作品95「新世界より」   
Antonin Dvorak : Symphony No.9 in E minor, Op.95 "From the New World" 
1. 第1楽章 Adagio - Allegro molto
2. 第2楽章 Largo
3. 第3楽章 Scherzo. Molto vivace
4. 第4楽章 Allegro con fuoco

伊福部昭:シンフォニア・タプカーラ Akira Ifukube : Sinfonia Tapkaara
5. 第1楽章:Lento Molto - Allegro
6. 第2楽章:Adagio
7. 第3楽章:Vivace

8. 伊福部昭:ゴジラ〜交響ファンタジー「ゴジラVSキングギドラ」より
Akira Ifukube : Godzilla -Symphonic Fantasia "Godzilla vs Kingghidora"

【録音】
2017年6月1-2日 東京オペラシティ コンサートホール
1-2 June,2017 Tokyo Opera City Concert Hall

購入/ダウンロード

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

演奏:アンドレア・バッティストーニ&東京フィルハーモニー交響楽団

新時代を築く指揮者の筆頭格アンドレア・バッティストーニと、日本が世界に誇る東京フィルハーモニー交響楽団は、聴き慣れたクラシックの名曲を、まさに今生まれたかのような瑞々しさと類まれな生命力で描き、クラシックファンに新鮮な驚きを与える力を持っている一方、クラシックに深い親しみを持っていない音楽ファンを熱狂させる、エネルギーとエンタテインメント性を備えている希有な存在である。
DENONレーベルは、その両者の持てる力を最大限に引き出す為、響きの豊かな東京オペラシティコンサートホールにおけるセッション録音を開始。シリーズ「BEYOND THE STANDARD」と銘打ち、クラシック王道の名曲中の名曲と、日本人作曲家による傑作をカップリングし、時代と国を越え、新しいスタンダードを生み出す。
第1弾としてリリースするのは、定期演奏会でもセンセーションを巻き起こした、ドヴォルザークの名曲「新世界より」、そしてカップリングに伊福部昭の「シンフォニア・タプカーラ」。セッション録音ならではの細部にまでこだわった充実の演奏に仕上がり、首席指揮者のバッティストーニと東京フィルの蜜月な関係を象徴するような深く立体的な音楽が構築される。
フィルアップには、伊福部の手になる映画「ゴジラ」のテーマ曲が収録されている。

■高音質CD「UHQCD」

UHQCD