石川喜代美プロフィール

PROFILEプロフィール

石川喜代美

石川喜代美

神奈川県大和市出身。
父が民謡をたしなみ、幼い頃より唄と三味線と賑やかな民謡一家に育つ。
その影響で、津軽三味線小山流 小山貢竜に弟子入りし唄と津軽三味線を修行。また、斉藤京子に西ものを学ぶ。
1977年、フジテレビ「素人民謡名人戦」で「本荘追分」を歌って第33代名人となる。これを皮切りに、民謡界の全国大会や各大会に出場し輝かしい成績を収めている。
1991年、民謡歌手の登竜門といわれたNHKオーディションに合格し、1994年に日本コロムビア専属となる。2000年には、本荘追分日本一に輝き内閣総理大臣賞を受賞。2010年にアルバム『唄つづり』をリリース。
現在は、民謡番組や伝統文化放送などに出演。「石川喜代美・民謡の歌声」民謡ショー、(財)日本民謡協会公演、民謡定席・各民謡団体公演・日本芸能文化交流使節団など海外公演・国内公演で出演。
またジャンルを越えた楽器とのコラボレーションによるライブハウス・コンサートなど、幅広く活躍。一方で、地元小田原にて「いしかわ会」をつくり、唄・三味線の指導、またカルチャーセンターにて『きよみの民謡教室』『きよみの津軽三味線』で講師を務める。