小林沙羅プロフィール

PROFILEプロフィール

小林沙羅

小林沙羅

東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。2010年よりウィーンとローマにて研鑽を積みながら演奏活動を行う。2011年度文化庁新進芸術家在外研修員。2014年度ローム・ミュージックファンデーション奨学生。2015年より日本に拠点を移し活動。
5歳よりクラシックバレエとピアノを習いはじめ、10歳の時に坂東玉三郎氏の演劇塾〈東京コンセルヴァトリー〉に入塾、日本舞踊を習い始める。高校生の時に舞台女優に憧れ声楽の勉強を始める。特にオペラとオペレッタでは持ち前の演技力とダンスの能力を活かし多くの舞台に出演。
2012年にソフィア国立歌劇場『ジャンニ・スキッキ』ラウレッタ役で欧州オペラデビュー。同歌劇場『愛の妙薬』プレミエ公演にはアディーナ役で出演。実際に水が張られた舞台上のプールでの演技とその透明感のある歌声は、現地新聞の評で絶賛された。
日本国内では2006年に『バスティアンとバスティエンヌ』バスティエンヌでデビュー後、東京芸術劇場シアターオペラシリーズ2008年『イリス』芸者、2009年『トゥーランドット』リュー、2014年『こうもり』アデーレ、日生劇場2009、2013年『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル、兵庫県立芸術文化センター2011年『こうもり』アデーレ、新国立劇場2014年『パルジファル』花の乙女等に出演。また、千住明・松本隆の『隅田川』狂女、三枝成彰『KAMIKAZE』愛子(大友直人指揮)、二宮玲子・林望『源氏物語MABOROSHI』紫の上など、多くの新作オペラ初演を務める。2015年には野田秀樹演出のオペラ『フィガロの結婚』全国ツアーにスザンナ役で出演し好評を博す。
また、学生時代より〈VOICE SPACE〉のメインボーカルを務め、詩と音楽をコラボレーションした新作を多数発表。新しいことに挑戦していく姿勢を大切にしている。ヘンデル「メサイア」、ハイドン「天地創造」、フォーレ「レクイエム」、マーラー「第四交響曲」等コンサートソリストとしても活躍。NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団等、多くのオーケストラとの共演を重ねる。〈サイトウ・キネン・フェスティバル〉参加、映画「のだめカンタービレ」での歌唱、「題名のない音楽会」出演、プロ野球コナミ日本シリーズでの国歌独唱等でも注目を浴びる。