ミッツ・マングローブ東京タワー

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

ミッツ・マングローブ

東京タワー

[SINGLE] 2018/01/24発売

東京タワー

COCA-17411 ¥1,204+税

直営ショップで購入

  • 1.東京タワー
     作詩/五木寛之 作曲/立原岬 編曲/兼松衆
    NHKラジオ深夜便「深夜便のうた」(2018年1月〜3月)

  • 2.かえしてYOKOHAMA
     歌/ミッツ・マングローブ with 星屑スキャット
     作詩/五木寛之 作曲/石黒ケイ 編曲/兼松衆

  • 3.東京タワー
     (Instrumental)

  • 4.かえしてYOKOHAMA
     (Instrumental)

購入/ダウンロード

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

ミッツ・マングローブ約6年ぶりのNewシングルは、作家・五木寛之作詩・作曲による歌謡曲。
五木寛之とミッツのコラボレーションが実現!

「昭和歌謡への ノスタルジー」
 『東京タワー』は、私の愛する昭和歌謡へのノスタルジーから生まれた歌です。
 平成がやがて終わると、昭和はさらに忘却のかなたへかすんでいきます。かつて「明治は遠くなりにけり」と昔の人が嘆いたように、昭和も年表の中の一ページとして記録されることでしょう。遠ざかりゆく昭和を象徴するのは、その時代に愛唱された数々の歌謡曲です。その昭和への思いをこめて、この歌は作られました。
 この歌をミッツ・マングローブさんに歌って頂くことにしたのは、ミッツさんの優れた時代感覚と、批評性、それに昭和歌謡への暖かい共感を期待してのことでした。ミッツさんは見事にその狙いを表現してくれています。さらに『東京タワー』をうたう為には、長身のアーチストが望ましい。ミッツさんは、それらの期待に十二分にこたえてくれました。幸運な出会いに感謝しています。
五木寛之