長富彩イスラメイ− 100年の時を経て甦る、ピアノの黄金時代

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

長富彩

イスラメイ− 100年の時を経て甦る、ピアノの黄金時代

[ALBUM] 2010/10/20発売

イスラメイ− 100年の時を経て甦る、ピアノの黄金時代

COCQ-84825 ¥2,857+税

ダウンロード

  • 1.チャイコフスキー(グレインジャー編):花のワルツにもとづくパラフレーズ

    MV
  • 2.サン=サーンス(ゴドフスキー編):白鳥

  • 3.バラキレフ:イスラメイ

  • 4.グリンカ(バラキレフ編):ひばり

  • 5.ファリャ:アンダルシア幻想曲

  • 6.グリフス:スケルツォOp.6の3

  • 7.スクリャービン:幻想曲 作品28

  • 8.ラヴェル:ラ・ヴァルス

購入/ダウンロード

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

1912製ヴィンテージ・スタインウェイ使用(Steinway CD368)
録音:2009年12月3〜5日、2010年8月11日、 ふれあいプラザさかえ文化ホール(千葉県印旛郡栄町)

*使用ピアノ【CD368】について 
スタインウェイ&サンズ社は、1853年ニューヨークに設立されたメーカーである。 
パデレフスキー、ラフマニノフ、ルビンシュタイン、ホロヴィッツ、グレン・グールドなど世界的な巨匠たちが愛用したピアノ、ニューヨーク・スタインウェイ。自由とお金を求めてニューヨークに集まってきた、ロシアやヨーロッパの巨匠たち。彼らがピアノに求めた音色、タッチ、及びその反応に答えるべく、スタインウェイは、次々に改良を加え、近代ピアノの構造を完成させた。
この録音で使用された1912年製のCD368(CDとは、Concert D型の略)は、スタインウェイ本社コンサート部の貸出用として当時活躍していた楽器だ。1900年代初頭のスタインウェイは、ゴールデンエイジと呼ばれるほどクオリティが高い。それは先に述べたように巨匠達の時代真っ只中であり、近代クラシックの黄金時代の楽器だからである。
1800年代のロマン派独特の香りを残し、太い重低音と輝かしい高音、メロウな中音域、豊かな色彩を持つこの楽器は、多くの巨匠達と過ごしてきたキャリアの余裕すら感じられる。まさにクラシック黄金時代のすべてを語ってくれるであろう。