小沢昭一大沢悠里プロデュース 小沢昭一の小沢昭一的こころ 昭和の傑作選 CDボックス

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

小沢昭一

大沢悠里プロデュース 小沢昭一の小沢昭一的こころ 昭和の傑作選 CDボックス

[ALBUM] 2015/12/02発売

大沢悠里プロデュース 小沢昭一の小沢昭一的こころ 昭和の傑作選 CDボックス

COCJ-39330-9 ¥18,500+税

CD10枚組

直営ショップで購入

DISC-1
・ラジオは叫ぶ1・2・3について考える*
 [1989年(平成元年)10月9日〜13日放送]
・お父さんはお母さんだ お母さんはお父さんだについて考える
 [1990年(平成2年)1月8日〜12日放送]

DISC-2
・慰めるについて考える
 [1982年(昭和57年)5月17日〜21日放送]
・義務、ノルマ、やらねばならぬを考える
 [1979年(昭和54年)8月27日〜31日放送]

DISC-3
・何かと気になる隣りについて考える
 [1981年(昭和56年)2月9日〜13日放送]
・ちょっと一息タンマについて考える
 [1980年(昭和55年)9月29日〜10月3日放送]

DISC-4
・お父さんの国際化について考える
 [1988年(昭和63年)3月28日〜4月1日放送]
・女子マラソンはいい、走るについて考える
 [1988年(昭和63年)2月22日〜26日放送]

DISC-5
・花は霧島、混合入浴旅・その(1)
・花は霧島、混合入浴旅・その(2)
 [1982年(昭和57年)3月22日〜26日、3月29日〜4月2日放送]

DISC-6
・不景気と言えば、僕が生まれた頃について考える*
 [1993年(平成5年)10月25日〜29日放送]
・万物の素グヂャグヂャについて考える
 [1991年(平成3年)2月18日〜22日放送]

DISC-7
・実演について考える*
 [1991年(平成3年)12月30日〜1992年(平成4年)1月3日放送]
・ナメクジについて考える*
 [1988年(昭和63年)6月14日〜18日放送]

DISC-8
・マイ・ブルーヘブン私の青空について考える*
 [1988年(昭和63年)9月27日〜10月1日放送]
・夜店について考える*
 [1988年(昭和63年)8月16日〜20日放送]

DISC-9
・なに、遊ぶために働く? 月月火水木金金について考える
 [1988年(昭和63年)5月10日〜14日放送]
・あら? もうおしまいについて考える
 [1989年(平成元年)8月21日〜25日放送]

DISC-10
・20周年記念 唱う小沢昭一的こころ
 ◎シロクロ歌合戦 ◎新春かくさず芸大会 ◎正月気分は反戦気分
 [1992年(平成4年)12月28日〜1993年(平成5年)1月1日、1月4日〜8日、1月11日〜15日放送]

購入/ダウンロード

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

DISC-1、DISC-2のトラック2「義務、ノルマ、やらねばならぬを考える」、DISC-3のトラック2「ちょっと一息タンマについて考える」、DISC-4〜9は初ディスク化。
うち*マークが付いたタイトルは今回初の商品化が実現した番組です。

口演:小沢昭一 お囃子:山本直純 アナウンス:藤田恒美

2015年放送30周年を迎えるTBSラジオの人気番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」内で、50代以上のリスナーから圧倒的支持を得ていた「小沢昭一の小沢昭一的こころ」。この度、“大沢悠里プロデュース”のもと、「昭和の傑作選 CDボックス」としてCD10枚にまとめられて発売!
これまで、カセットテープでしか発売されていなかった音源が約5枚分、そして初パッケージ化のものが約3枚分となっており、CD既発売のうちDISC-10は放送音源から新たに再編集を施したプレミアムなBOXに仕上がりました。また、48ページの別冊解説書には、大沢悠里からのコメントや盟友・加藤武のインタビュー等も所収しています。

■解説本の無料交換についてはこちら>>>