林そよか (SOYOKA)プロフィール

PROFILEプロフィール

林そよか (SOYOKA)

林そよか (SOYOKA)

4歳よりピアノ、10歳よりチェロを、中学生の頃より作曲を専門的に学び始める。 ヤマハインターナショナルJOCをはじめ、同ハイライトコンサート、シティコンサート等で自作曲を演奏。第9回PIARAピアノコンクール全国大会にて最優秀賞及びグランプリ受賞。卒業時に同声会賞受賞。
大学在学中より自身のアレンジとピアノ演奏による『桜ピアノ』『K-POPピアノ』『DIVAピアノ』をはじめ、姉の林はるか(チェロ)とのユニット“アウラ・ヴェーリス”として、『イマジン〜ピアノとチェロのためのジョン・レノン・クラシックス』『愛燦々〜チェロとピアノで聴く ひばりメロディー』など多数のCDを日本コロムビアよりリリース。
またヴァイオリニスト花井悠希や1966カルテットに楽曲提供、「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」の楽曲編曲など、作・編曲家として活動するほか、津軽三味線奏者の吉田兄弟と共に「弦奏」の全国ツアーに出演するなど様々なアーティストと共演、ピアニストとしても活動中。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、同大学院音楽音響創造分野在学中。