高橋悠治クレスト1000シリーズ バッハ=高橋悠治:フーガの「電子」技法

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

高橋悠治

クレスト1000シリーズ バッハ=高橋悠治:フーガの「電子」技法

[ALBUM] 2011/12/21発売

クレスト1000シリーズ バッハ=高橋悠治:フーガの「電子」技法

COCO-73258 ¥1,000+税

J.S.バッハ/高橋悠治・編
フーガの[電子]技法
フーガの技法 BWV 1080より
コントラプンクトゥス I
コントラプンクトゥス IV
コントラプンクトゥス X
コントラプンクトゥス IX
コントラプンクトゥス VIII
コントラプンクトゥス XI
コントラプンクトゥス XV

★高橋悠治(シンセサイザー)

録音:1975年8〜9月 東京、尚美高等音楽学院、日本コロムビアスタジオ

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。


バッハの精神をシンセサイザーによって再創造。その刺激的魅力は今なお色あせない。
対位法の大家として歴史に隔絶するバッハの、抽象性の粋であり、到達点でもある「フーガの技法」。楽器指定はなく、多くの演奏家によって想像力を駆使した独自のリアリゼーションと演奏が試みられてきました。高橋悠治が1975年に発表し、話題を呼んだこのシンセサイザー版は、そのひとつの極でしょう。「あらゆる演奏は編曲だが、抽象構造に色をつけることではない。元のものは存在しない。(自身によるライナーノーツより)」