冨田勲展覧会の絵 Ultimate Edition

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

冨田勲

展覧会の絵 Ultimate Edition

[ALBUM] 2014/03/19発売

展覧会の絵 Ultimate Edition

COGQ-67 ¥2,800+税

直営ショップで購入

ダウンロード

  • 1.プロムナード〜こびと

  • 2.プロムナード〜古城

  • 3.プロムナード〜チュイルリーの庭

  • 4.ビドロ

  • 5.プロムナード〜卵の からをつけたひなの踊り

  • 6.サミュエル・ゴールデンベルグとシュミュイレ

  • 7.リモージュの市場

  • 8.カタコンブ

  • 9.死せる言葉による死者への話しかけ

  • 10.バーバ・ヤーガの小屋

  • 11.キエフの大門

  • 12.Bonus Truck
    シェエラザード(リムスキー=コルサコフ)

  • 13.Bonus Truck
    ソラリスの海(J.S. バッハ)

購入/ダウンロード

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

冨田勲(シンセサイザー)

1975年に米RCA からリリースされた冨田勲「展覧会の絵」のアルティメッド・エディション。4.0ch サラウンド化と新規追 加楽曲を投入して最終版としてリリースする。全米ビルボードチャートで1 位を獲得した「展覧会の絵」は、シンセサイザー アーティストとして全世界を震撼させた「月の光」に続く、シンセ・アルバムの2枚目にあたる。当時、MOOGシンセサイザーで無限の可能性を追求していた冨田が、あらゆる技法を投入した意欲作であり、冨田の実験性と創意がすみずみまで現れた傑 作である。今回のアルティメッド・エディションでは、その黎明期の荒々しい音を極力そのままにしつつ、4.0ch サラウンド 化を施す。さらに、70年代にNHK-FM でのみオンエアされた幻の「シェエラザード」の一部分をボーナストラックに収録。このシェエラザードは初音盤化となりファン垂涎のトラックとなる。

手塚治虫[展覧会の絵] と冨田勲
1966年に虫プロダクションで制作された、手塚治虫がムソルグスキーの組曲からイメージした10枚の絵にまつわる物語。 ギャグあり風刺あり、漫画家手塚治虫のジャーナリスティックな目が光る、ディズニーの「ファンタジア」へのオマージュ作 品。この作品に音楽をつけたのが、当時、まだシンセサイザーを日本に輸入する前の冨田勲だった。ラヴェル編曲で知られるこ の「展覧会の絵」は、当時まだラヴェルの著作権が生きていたため、使用するとなると莫大な著作権料を払うはめになる。それ を完成直前に知った手塚は、ジャングル大帝の音楽などで信頼していた冨田に急遽連絡をし、1週間で編曲をしてくれと無理 な注文をしてきたという。それをなんとかこなしたのがこの手塚版「展覧会の絵」の音楽だった。だがしかし、その出来を心残 りに思っていた冨田が10年後、新たなシンセサイザーという楽器を手に、ラヴェルの編曲を超える新たな音世界を創造した のがこのTOMITA版「展覧会の絵」である。