『かなえられない恋のために』 ―その制作経緯と解題―

[取材・構成:濱田高志]

 その容姿とファッション性から“洒落たポップスを歌う女性シンガーソングライター”と捉えられがちだが、biceの作る楽曲は、確固たる個性を持った、極めて作家性の高い音楽である。それは、今春、コロムビア*レディメイドから発売された『うたとギター。ピアノ。ことば。』に収録された「lily on the hill」1曲を聴けば判る。派手さはないが、様々な事柄を想起させる切なく響くメロディと、どこか客観の視点で紡がれたことば、そして、シンプルだがドラマティックなアレンジ、といった具合に、そこにはある種の普遍性が宿っている。また、これまで様々なアーティストへの楽曲提供や、CM音楽、劇音楽の制作に携わっており、その作品数もスタイルも豊富にして多彩だ。
 本稿では、そんな彼女に聞いた最新アルバム『かなえられない恋のために』制作の経緯と収録曲についての逸話を紹介する。

今回のアルバム発売のきっかけとなった『うたとギター。ピアノ。ことば。』に先駆けて、昨年編まれた渋谷系のコンピレーション『bossa nova 1991: shibuya scene retrospective』に「an apple a day」が収録されていますが、渋谷系という括りで語られることに対してはいかがですか。

bice 何かの記事で、“遅れてきた渋谷系”と書かれてたんですけど、言われてみれば、まさにその通りって感じで。でも、これまで私自身はあまり意識してこなかったので、びっくりしました。昨日、ファッション誌を読んでたら、“今年はアーリー90'sが来る”と出ていて、そこに渋谷系コンピも紹介されてたんです。だから、「入れてもらえてラッキー」みたいな気持ちはあります。それに、自分で言うのもなんですけど、「an apple a day」って曲は名曲だと思ってて、「ドレミファレ・レミレ・レミレ・レミレ♪」っていうふうに「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ファ・ミ・レ・ド」のなかで作った曲なんです。それでもああいったポップな曲が出来ちゃうんだぞ、みたいなところでも自信作だったので、正直、あの曲を渋谷系に興味がある人に聴いてもらえて嬉しいですね。

今回、アルバムのプロデュースを手掛けられた小西さんとは、以前から交流があったんですか。

bice いえ、まったく何の接点もなくて、私にとっては、雲の上の人だと思ってました。だから、今回こうしたいい状況でアルバムを出させて頂いて、とても嬉しいんです。この2年間、裏方で楽曲提供などの活動がメインだったので、自分で歌う自信をなくしていたところもあったんですけど、小西さんやスタッフの皆さんのお陰で自信を取り戻せましたし、本当に感謝してます。

biceさんの作品を聴いて、ウィスパー・ヴォイスという点に惹かれる方もいると思いますが、それ以前に楽曲の良さが際立っていると思いました。

bice 私がなんでウィスパーで歌ってるかっていうと、地声がものすごく低いんですよ。それこそ、地声だと自分で書く曲に合わないので、仕方なくそうしてるところがあります。だから、いわゆるフレンチ系のウィスパーの歌い方を意識してるわけじゃないんです。以前、Oh! Penelopeの仕事で辻睦詞さんとご一緒した時に、辻さんから、「普段、デモで歌ってるようなウィスパーで歌ったほうがいいんじゃない?」と言われたのが、ウィスパーで歌い始めたきっかけなんです。音域が狭いからウィスパーにしてるだけで、もし私が、友達の及川リンちゃんやadvantage Lucyのアイコちゃんみたいな声が出るんだとしたら、絶対、地声で歌ってますね。

今回、biceさんの作品を初めて耳にする方もいると思いますので、音楽との出会いにまで遡ってお話を伺います。そもそも音楽を始められたきっかけは。

bice 音楽を始めたのは4歳か5歳の時に、隣に住んでたお姉さんからオルガンをもらったのがきっかけです。私、それまで音楽なんて何も習ってないのに、いきなりそのオルガンを弾けたんですよ。で、それを見た父が、「この子にピアノを買ってあげよう」と言って、アップライトのピアノを買ってくれたんです。それから先生について習い始めたんですね。ソルフェージュから入って、音符を書けるようになった頃、ノートの裏に書いてた自作を、たまたま先生が見つけて「これに伴奏をつけてあげる」と言ってくれて。さらに「この曲を合奏会で演奏しましょう」ということになったんです。その時「あ、曲っていうのは自分で作るものなんだな」とぼんやり思って。

家族の誰かが音楽をやっていたなんてことは?

bice いえ、普通のサラリーマンの家庭なんで、特にそんなことはないんです。ただ、親が詩吟や謡曲の師範を持っていたので、小さい頃は正座して「少年老いやすく〜」ってやらされた時期がありましたけど、いつも「ん? なんか違うな」と思ってました。私、小さい時から、とにかく何でもコピーするのが好きだったんです。それこそ小学校2年生の時に、『ドラえもん』の歌に伴奏つけてクラスの皆で歌ったり。基本、皆で楽しもうってところから始まって、それからは合唱コンクールの伴奏なんかをやってました。でも、作る作業は小学校1年生で一旦終わって、しばらくは作らなかったんです。

再び曲を書き始められたのはいつ頃ですか。

bice 中学生の時にテニスをやってたんですけど、私、やっぱりオルガンの音色が好きだし、もっと色んな音を出したい! と思って、ある日、それまで貯めてたお年玉で、ポータトーンを買ったんです。音楽的には、その頃、ちょうどオフコースにはまってて、しかも小田和正さんに惚れてたんですよ。だから、小田さんが結婚してるってことを知った時には泣いたんですよね。確か『オレたちひょうきん族』で奥さんの映像が出て、それを見て大泣きしたのを覚えてます。私、小田さんの曲が好きで、小田さんみたいな曲を書きたいって思ったんです。

再び曲を書き始めてみていかがでしたか。

bice 中学2年の時、初めて歌詞まで書いたものが〈TEENS’MUSIC FESTIVAL〉の東京大会の予選を通過しまして。それは「AGE」ってタイトルで、何とそれが〈ベストアイドル賞〉というのに選ばれて、賞品に時計をもらったんですよ。その曲はラジオでも流れたんですけど、その時、審査員から「歌、下手だねぇ…。でも、これ曲がいいよね」と評されたので、その頃から歌が下手なのは充分承知してるんですけど(笑)。その後、高校生になってからどんどん曲を作り始めるんです。当時は、ブラック・コンテンポラリーにハマったり、早稲田の大学生と一緒にシーナ・イーストンのカヴァーをやったり、当時流行ってた真心ブラザーズが司会だった軽音部のサークルに出てみたり…と、色んなことしてました。早稲田の人が打ち込みをやってたんで、それを見て「あっ、コンピュータで打ち込めるってすごいな」って思って。当時は、まだクラシックツールの頃だったんですけど、マックを購入して、拙い、ビジョンってソフトで曲を作るようになったんです。

プロを目指したのはいつのことですか。

bice 親戚がテレビの制作会社をやってたんで、18歳の夏休みにそこでアルバイトしたんですよ。で、「将来、作曲家になりたい」なんて話してたら、「作家の事務所ならツテがあるよ」って言われて、事務所を訪ねたんですね。当時、私は作家でOLってのが夢だったんです。で、先方に「作家として雇ってもらえませんか」と言ったら「この世界、そんなに甘くないよ」って返事で。「自分が歌って作品を出していかない限り名前は知られないし、そんな中途半端なことでは無理だよ」と言われたんです。後日、事務所の方がうちの親に説明に来てくれたんですよ。で、その時に、「OLは諦めて、私は作曲で頑張ってみます!」ってことで、その事務所に入りまして、そこから曲作りとアレンジの日々が始まるんです。

つまり、作家契約されたってことですね。

bice はい。しかも、うまくいけばアーティスト・デビュー、みたいな感じで。実際、1年も経たないうちに某社でデビューが決まってデビューしたんです。歌が下手なのに(笑)。それからというもの、まだ作家性も確立されてないなか、週3回の曲出しが始まるんです。あの頃は、アルバム1枚作るにあたって70曲とか100曲とか書いてました。そんな時期が4、5年続いた後、色々あって事務所を辞めて、本当に自分でやりたいものをやったのが、アンダーフラワーというレーベルから発売した『Spotty Syrup』(98年)ってアルバムなんです。

アーティスト名のbiceというのはどこからきてるんですか。

bice 単に“○○ッチェ”て名前にしたかったんです。“チェ”は“ce”で。で、クーチェとか色々考えたんですけど、アンダーフラワーでアルバム出す時に「時間ないんで早く決めて下さい」ってことになって、最後は、じゃぁ、“b”でいいです。b・i・c・eで“ビーチェ”で、って決めたら、皆に“バイス”とか読まれちゃって、それがまた名前がなかなか広まんなかった原因だと思うんですけど。

これまで、自発的に好きで聴いてきた音楽はどんなものですか。

bice 学生時代はニュー・オーダーとかプリファブ・スプラウトとか聴いてました。プリファブ・スプラウトは本当に大好きです。その後がソフトロックですね。メロディの美しさと展開に惹かれました。あと、ゾンビーズには相当影響受けましたよ。転調の仕方なんかの勉強になりました。今も好きでよく聴いてますし。アルバム『Spotty Syrup』を作ってる時は、他人の音楽は何も聴かずに一気に書いたような気がします。今まで溜めてたものがガーンって出た感じで、確か一週間で全曲出来ちゃったんですよ。その後はスウェーディッシュものにハマった時期もありましたね。

劇伴もやってらっしゃるんですね。

bice 結局、作家志望なので、昔から背景音楽をやりたかったんです。最初にやったのが『ムコ殿』(01年)ってドラマで、ほかにも『きみはペット』(03年)とか、最近だとアニメ『きらりん☆レボリューション』(06年)の音楽もやらせて頂きました。劇伴は、まだまだたくさんやりたいですね。

さて、今回のアルバムですが、どのように制作が始まったんですか。

bice 渋谷系コンピが出た後、小西さんに、「CD出したいなら話してみてもいいよ」って言われたんですけど、実はその時は、「それはまだいいです」って断ってるんですよ。

どうしてですか。

bice 大変な思いをして、その都度落ち込んでまで作るのは嫌だなというのと、何年も歌ってないので、さらに歌えなくなってるし…と、思ったんです。でも、何日かして、やっぱり小西さんにデモテープを聴いてもらおうと思って、聴いてもらったら、「いいじゃないですか!」ってお返事を頂いて。で、『うたとギター。ピアノ。ことば。』に1曲収録してもらうことになった時、このタイミングでならアルバムを作れるんじゃないかってことで制作を始めたんです。