KITARO
ホーム インフォメーション ディスコグラフィ プロフィール
プロフィール
PROFILE
喜多郎のアメリカ・デビューは「天空 (Tenku)」(1986)。「ザ・ライト・オブ・ザ・スピリット (The Light Of The Spirit)」(1987)ではグレイトフル・デッドのドラマー、ミッキー・ハートと共作し、初のグラミー賞ノミネート、アメリカ国内だけで2百万枚以上のセールスを記録と同時に初の全米ツアーを実施。
「ドリーム (Dream)」(1992)ではイエスのジョン・アンダーソンと共作、これも大ヒットを記録、傑作と評された。翌年、オリバー・ストーン監督の映画「天と地 (Heaven & Earth)」の音楽を担当しゴールデン・グローブ賞ベスト・オリジナル・スコア部門を受賞。
グラミー賞にノミネートされた「マンダラ (Mandala)」(1994)をはじめとして、ライブ録音「天空への響き Live in USA (An Enchanted Evening)」(1995)、深い精神世界を映し出した「ガイア・オンバシラ (Gaia Onbashira)」(1998)、ドキュメンタリー番組「四大文明」のサウンドトラックでグラミー賞にもノミネートされた「エンシェント (Ancient)」(2001)とその続編ともいうべき「永遠の時を (Ancient Journey)」(2002)。さらにグラミー賞ニューエイジ・アルバム部門を受賞した「Thinking of You」(2000)など、喜多郎は精力的に作品をリリースし続けている。

2003年リリース「空海の旅 (Sacred Journey of Ku-kai)」は平和
をテーマとしたコンセプト・シリーズの幕開けであり、この作品から
喜多郎の平和への祈りは新たなる極みへの第一歩を踏み出した。
また、このシリーズは空海(弘法大師)が千年以上の昔にはじめ
たといわれる「四国遍路八十八ヶ所」をテーマとしており、アルバ
ム収録の各曲には喜多郎自身が録音したひとつひとつの寺院
の鐘の音が織り込まれている。

そして「空海の旅2(Sacred Journey of Ku-Kai2)」は、第48回グラミー賞にノミネートされており、喜多郎は日本人として快挙となる11度目のノミネーションをとげた。

プライバシーポリシー | リンクについてのお願い | お問い合わせ
Copyright 2010 NIPPON COLUMBIA CO.,LTD. All rights reserved.
NIPPON COLUMBIA