カラード・ミュージック商品情報

カラード・ミュージック

カラード・ミュージック

[ALBUM] 2018/01/31発売

カラード・ミュージック

COCB-54242 ¥2,000+税

※高音質CD「UHQCD」採用

直営ショップで購入

  • 1.COLORED MUSIC

  • 2.ANTICIPATION

  • 3.永世楽 EI SEI RAKU

  • 4.SANCTUARY

  • 5.TOO MUCH MONEY

  • 6.LOVE HALLUCINATION

  • 7.THIRD EYE – Clear Light

  • 8.HEARTBEAT

  • 9.Giant Bird
    ボーナス・トラック(未発表音源 初CD化)

購入/ダウンロード

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

海外のクラブ・ミュージック・シーンで大注目のカラード・ミュージック。先鋭的且つPOPなサウンドに魅了。
ときを超えてあらたな価値が見出された、早熟のダンス・ミュージック。未発表曲をたずさえて、ここに復活。
未発表音源をボーナス・トラックで収録!」

●今作には、アルバム製作時の未発表音源「Giant Bird」をボーナス・トラックで収録。
●YMOのサポート・メンバーとしても知られる橋本一子と藤本敦夫のユニット“カラード・ミュージックが81年に残した唯一のアルバム。
アーシーでロックなリズムとミニマルなサウンドがクロスオーバーするなど縦横無地にニューウエイヴ・サウンドを展開。特に「HEARTBEAT」は伝説の1曲。アメリカでハウス・ミュージックが誕生する遥か前に日本で産み落とされた、あまりにも早過ぎたエレクトロニック・ダンス・ミュージック。また「永世樂EI SEI RAKU」のロックと打ち込みが融合した先鋭過ぎるサウンドは、まるでブレイク・ビーツ。
昨今、海外のクラブ・ミュージック・シーンで大注目。欧米を中心に高い評価を得ている。

〇Personnel
橋本一子:vocal・piano・organ・synthesizer・bass
藤本敦夫:vocal・guitar・bass・synthesizer・sax・percussion

堀尾和孝:guitar
Anthony Johnson:bass
川端民生:bass
樋沢達彦:bass
Framicis Jerry Eddy:drums
木村万作:drums:chorus
村上秀一:drums
仙波清彦:percussion
ペッカー:percussion
名取茂夫:trumpet
西島泰介:trombone
渡辺康蔵:alt sax
小田島亭:tenor sax
畔地慶司:胡弓

藤井康一:chorus ex.ウシャコダ
恵福浩司:chorus ex.ウシャコダ
橋本眞由己:chorus
池田幸代:chorus
岡本眞輝:chorus
布施孝章:MC-8 programming

produced by COLORED MUSIC & 柏原 卓
09 Giant Bird、
橋本一子(vo, key)、 藤本敦夫(vo,g)、横山雅史(b)、木村万作(ds)

カラード・ミュージック プロフィール

フリージャズや現代音楽をやっていた橋本一子と、モードジャズやロックをやっていた藤本敦夫が、SLY & THE FAMILY STONE やHerbie Hancock の影響を受け1978年バンド結成。
1980年YMOツアーにゲストメンバーとして参加してニューウェイブやテクノを吸収する。1981年コロムビアよりアルバムリリース。

高音質 Ultimate Hi Quality CD(UHQCD)で発売! 
最新リマスタリング
解説:CHEE SHIMIZU
【オリジナル】1981年9月25日・YF-7031

BETTER DAYS40周年

BETTER DAYSレーベル
1977年から1984年にかけてミュージック・シーンを牽引した前衛的POPレーベル。1978年YMOで世界的にブレイクした坂本龍一のソロ・アルバム「千のナイフ」や渡辺香津美他、日本を代表するアーティスト達を輩出し、クロスオーバーサウンドの先駆けとなった。今年、40周年を迎え、今、クラブ・ミュージックとして海外から高く評価されはじめている。
●主な発売アーティスト:
坂本龍一 渡辺香津美 KYLYN マライア 清水康晃 大野えり カラードミュージック ムクワジュ・アンサンブル ペッカー 益田幹夫 向井滋春 古澤良治郎 坂田明 杉本喜代志 夕焼け楽団 STEPS 24丁目バンド

★「BETTER DAYS」Facebookページはこちら>>>

■高音質CD「UHQCD」

UHQCD