イーハトーヴ交響曲 Blu-raySYMPHONY IHATOV Blu-ray

ブルーレイディスク
2014/03/19 Release COXO-1074 ¥4,800+tax

【収録楽曲】

  1. オープニング
  2. 岩手山の大鷲<種山ヶ原の牧歌>
  3. 剣舞/星めぐりの歌
  4. 注文の多い料理店
  5. 風の又三郎
  6. 銀河鉄道の夜
  7. 雨にもまけず
  8. 岩手山の大鷲<種山ヶ原の牧歌>
  9. ~Encore~
  10. リボンの騎士
  11. 青い地球は誰のもの

【特典映像】

■ 冨田勲インタビュー~岩手山を背に語る
■「リボンの騎士」3D Version

河合尚市 指揮、東京フィルハーモニー交響楽団
初音ミク(ヴァーチャルシンガー)
ことぶき光(エレクトロニクス)梯郁夫(パーカッション)鈴木隆太(キーボード)
慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団、同OB 合唱団(合唱指揮:下河原 建太) /
聖心女子大学グリークラブ / シンフォニーヒルズ少年少女合唱団(児童合唱指揮:宮本益光)

[映像システム企画開発]クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
[2013年9月15日 東京・Bunkamura オーチャードホールでのライヴ収録]

[引用曲]

牧歌(「種山ヶ原の夜」より)(2)(8)/剣舞の歌(3)/星めぐりの歌(3)- 作詞・作曲:宮沢賢治
風の又三郎(5)- 作詞:宮沢賢治/作曲:杉原泰蔵
フランスの山人の歌による交響曲(2)(3)(4)(8)-作曲:ヴァンサン・ダンディ
交響曲 第2 番 第3 楽章(6)― 作曲:セルゲイ・ラフマニノフ

初音ミクはクリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクターです。


生まれ変わった新システムのミクがコンサートホールで歌い踊る--
作曲家・冨田勲が宮沢賢治の世界を描いた最新作「イーハトーヴ交響曲」がついに映像パッケージで登場。

「イーハトーヴ交響曲」は、冨田が大オーケストラと合唱団を駆使して、宮沢賢治の世界を音で描く大作。さらに人気の初音ミクがソリストとして登場するということもあり、一昨年11月23日に東京オペラシティで行われた世界初演は、演奏会が大 成功。そのライヴ録音が昨年1月にコロムビアから発売され、1万枚をゆうに超える、このジャンルでは異例のヒット作品と なったことは記憶に新しい。
その好評を受け、昨年8月からこの交響曲の再演ツアーが始まり、賢治の故郷・花巻を皮切りに、東名阪4箇所でのツアーは 成功を収めた。
この「イーハトーヴ交響曲」に登場する初音ミクは、指揮者に合わせてミクの歌とCGモーションをすべてリアルタイムに演 奏することが革新的であったが、この再演に際しては、より高速且つ高機能なシステムをエンジンごと新規に開発。CG自体も 新たなものとなり、前回よりも進化したミクのパフォーマンスが披露された。
2013年9月15日の東京公演をコロムビアでは映像LIVE 収録を敢行。Blu-ray の高画質・高音質にてリリースする。このパッケージ の最大の売りはやはりミク。客席からは細かく見ることができなかった、舞台の奥で歌い踊るミクの表情や動きを、つぶさに 見ることができるのが何よりの特徴である。

イーハトーヴ交響曲 SYMPHONY IHATOV

SACD Hybrid(4,0chSACD/2chSACD/2chCD)
2013/01/23 Release COGQ-62 ¥2,800+tax

【収録楽曲】

  1. 岩手山の大鷲<種山ヶ原の牧歌>
  2. 剣舞/星めぐりの歌
  3. 注文の多い料理店
  4. 風の又三郎
  5. 銀河鉄道の夜
  6. 雨にも負けず
  7. 岩手山の大鷲<種山ヶ原の牧歌>
  8. ~Encore~
  9. リボンの騎士
  10. 青い地球は誰のもの

平成25年度(第68回)文化庁芸術祭参加(作品)

大友直人(指揮)
初音ミク(ヴァーチャル・シンガー/演奏:篠田元一)
梯郁夫(パーカッション)

慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団、同OB合唱団
聖心女子大学グリークラブ(合唱指揮:下河原健太)
シンフォニーヒルズ少年少女合唱団(児童合唱指揮:宮本益光)

イーハトーヴ交響曲とは——

戦時中 モノクロームの世界に立ち上った宮沢賢治の色彩世界 それが出発点だった 今年80歳を迎える巨匠による畢生の大作がいま、産声をあげる。

世界的作曲家/シンセサイザー・アーティスト冨田勲。アニメ「ジャングル大帝」や「リボンの騎士」、数々の大河ドラマのテーマなどでオーケストラ作曲家として不動の地位を築きながら、その名声に安住することなく、日本ではじめてシンセサイザーを個人輸入。クラシックの名曲を独自にシンセ・アレンジで再創造した「月の光」や「惑星」で全世界的ヒットを飛ばした世界的な存在です。 いまなお精力的な制作活動を行っている冨田が、80歳という節目の年に手がける大作が、この「イーハトーヴ交響曲」です。 戦時中、小学校五年生の冨田が初めて手に取った、宮沢賢治の作品たち。モノクロームの現実世界のただなかで出会った、その色彩感あふれる作品世界に少年冨田はたちまち魅了されたといいます。その後も賢治への憧憬は続き、冨田自身が「サイケデリック」と形容するその色彩感あふれる世界を、いつか自身の作品で表現したい、という積年の思いが結実したのが、この「イーハトーヴ交響曲」です。 総勢約300人におよぶ大オーケストラと合唱団が描き出す、賢治の異次元な作品世界と、それを育んだ東北の力強い大地。ヒロイックで豪放なメロディと、色彩あふれる音の重なりが交錯するカオスな空間に、突如として現れるのがヴァーチャル・シンガー初音ミク。日本の電子音楽の始祖である冨田が長年夢見てきた、「機械が歌う」。世界中で人気を博すミクが、冨田が託した夢を具現化し、オーケストラサウンドの上に唯一無二の歌声を降臨させます。 オーケストラ作曲家、冨田勲。そして、シンセサイザー=電子音楽の世界的アーティスト、TOMITA。半世紀のときを経て育んできたこのふたつの大流が、この交響曲で合流・昇華する。イーハトーヴ交響曲は、「音で色を塗る」名匠、冨田勲の総決算であり、新たな出発点となるでしょう。 日本コロムビアは、2012年11月23日に東京オペラシティで行われた「イーハトーヴ交響曲」世界初演をライヴ収録。 サラウンド音盤化&全世界配信にて緊急発売しました。


WHAT'S SYMPHONY IHATOV?

At the height of the war.
Rising up from a monochrome world, Miyazawa Kenji forged through his works a world of color.
This was his starting point.

With the master turning 80 this year, Tomita Isao's life's magnum opus has just made its appearance in the world. Tomita Isao, world-renowned composer and synthesiser artist. Although he established his permanent place as an orchestral composer for the theme music for anime films such as Jungle Emperor Leo and The Ribbon Knight and numerous NHK drama series, Tomita never settled on his reputation, but went on to be the first Japanese artist to incorporate synthesizers into his music. He has garnered much international attention for his unique synthesizer arrangements of classical works such as such as "Snowflakes are Dancing" and "Planets." At 80, Tomita is artistically as active as ever, and his recent efforts have culminated with his masterpiece, "Symphony Ihatov." Tomita first encountered the works of Japan's famed poet and children's story writer Miyazawa Kenji when he was in the fifth grade?at the height of World War Two. The young Tomita was instantly captivated by Miyazawa's worlds that brimmed with color?worlds that provided him with an escape from his own monochrome real world. Tomita's longing for the worlds of Miyazawa's literature continued into the postwar period, and his lifelong desire to express in his own works the "psychadelic" and colorful world of Miyazawa's literature all came together in his "Symphony Ihatov." Totaling over 300 members, the choir and full orchestra brilliantly depict the other-worldly dimensions of Miyazawa's stories, while also conveying the dynamic T?hoku region that inspired these worlds. Through the virtual singer "Hatsune Miku," Tomita's heroic and masculine melodies forcefully emerge in a chaotic space in which layers of colorful sounds interesect. These are the "machines that sing"?machines that Tomita, as Japan's founding father of electronic music, has spent many years of his life dreaming of. The world-famous "Hatsune Miku" is the realization of Tomita's long-held dream of incorporating this inimitable voice into the orchestra sound. Tomita Isao the orchestral composer; also, TOMITA, world-renowned synthesiser and electronic music artist. These two major streams that have evolved over the course of a half century come together?indeed are sublimated?in this symphony. The "Symphony Ihatov" is the ultimate culmination of the musical efforts of Tomita Isao?the master who paints with sound. The work is also likely to serve as a new point of departure for his future musical works. Nippon Columbia will record the world's first live performance of the "Ihatov Symphony" at the Tokyo Opera City on November 23, 2012. Sales of the surround-sound recording will be made available immediately for distribution around the world. Surely this will be the most talked about release of 2013? for this will clearly be an uprecedented musical performance that will move the world.


プログレッシブ・ロック・グループの金字塔
「イエス」のキーボーディスト、リック・ウェイクマンより、
冨田勲へ素敵なメッセージが届きました。

私は何年か前にTOMITAと共に仕事をする機会を得た。それは大変喜ばしいことであったし、言うまでもなく彼とする仕事は実に楽しいものだった。TOMITAは偉大な音楽家だ。彼にしか表現できない音楽がある。それは彼が音楽に対し長年に渡り情熱を傾け、一途に献身的であったから。そして何より彼の真の紳士たる人柄があってこそ創り出されるものだ。 TOMITAに会う機会があれば、私がそう言っていたと伝えてくれ。 リック・ウェイクマン」

--- HI THERE,

FOR THE RECORD , I HAD THE GREAT PLEASURE OF WORKING WITH TOMITA IN JAPAN SOME YEARS AGO AND IT WAS AN ABSOLUTE JOY . THE MAN IS A TREMENDOUS MUSICIAN WITH A UNIQUE STYLE THAT IS PASSIONATE, DEDICATED AND ON TOP OF WHICH HE IS A TRUE GENTLEMAN .

IF YOU GET THE CHANCE TO PASS THESE COMMENTS ON ...PLEASE DO SO......RICK.

RICK WAKEMAN

Photo: Lee Wilkinson