COCP-39983

タミノウタ~伝えたい沖縄の唄

2017年6月21日発売 COCP-39983 ¥2,800+税


  1. 島唄 南の四季 *

  2. 月ぬ美しゃ *

  3. 童神

    from『はじめての海』
  4. 悲しくてやりきれない

    from『唄者』
  5. PW 無情 *

  6. ひめゆりの唄 *

  7. さとうきび畑 ウチナーグチVer.

    from『魂うた』
  8. 安里屋ユンタ

    from『唄者』

  1. 道端三世相~創作舞踊「辻山」より

    from『魂うた』
  2. 夢しじく *

  3. 恋ぬ花 *

  4. サーサー節 *

  5. てぃんさぐぬ花

    from『はじめての海』
  6. ヒヤミカチ節

    from『ニライカナイ』
  7. デンサー節 *

  8. えんどうの花 *

  9. *NEW RECORDING

<RECORDING MUSICIANS>
Arrangement & Piano & Rhodes:園田 涼
Guitar & Violoncello:伊藤ハルトシ/Percussion:notch


出会いの先に、今-新たな唄の旅が始まる

メジャーデビューから5年。唄の旅を続ける上間綾乃が今、伝えたい唄― 唄の旅をしながら出会い、別れ、その先に今、自身の唄ってきた源流がここにある。 先人からの遺志を継ぎ、唄者として沖縄から届ける豊かな唄。どこか懐かしく、人それぞれの心に共鳴する、唄い繋いでいく民謡。それは骨董品のようなものではなく、新しいものを取りいれ、その時代時代の想いを受け継ぎ未来に繋いでいくポピュラーソングであり、それこそが民の謡(たみのうた)である。 新たにレコーディングした9曲と旧作からの7曲とで構成された今作は、三線の弾き語りとピアノサウンドを中心とした、唄い継いでいきたい沖縄の楽曲を収録した。「島唄 南の四季」はTHE BOOMのヒット曲「島唄」の旋律に、沖縄の歌詞をつけた恋の唄で、95年に我如古より子が歌唱して以来の収録となる。


◆「私には唄わなければならない唄があります」

沖縄の歴史と先人たちの想いを引き継ぎ、未来へ届けるために唄い語り継ぐのは、上間綾乃にとって唄者としての使命である。
今回収録した「PW無情」のPWは“Prisoner of War”(戦争捕虜)の略で、戦が終わってもなお続く、戦争捕虜の悲痛な心情を今に伝える唄であり、「ひめゆりの唄」はひめゆり学徒隊を切々と描いた数え唄になっており、沖縄返還から45年が経った今年、唄い継いでいかなければならない唄として沖縄の地でレコーディングした。


◆言葉を受け継いでいく

今アルバムの全16曲のうち14曲、そして新録音した9曲の内7曲がウチナーグチ(沖縄の言葉)で収録している。上間は7歳から三線を始めて19歳で琉球國民謡協会の教師免許を、2017年には師範免許を取得し、地元沖縄でも三線教室を開設した。先人たちの想いやウチナーグチを大事にし、子どもたちに三線や民謡を教え、次の世代に継承していく。