本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。



イメージ

ニュースリリース

平成16年4月14日

機構改革および人事異動について

コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 兼 最高経営責任者(CEO):廣瀬 禎彦)は、4月15日付で機構改革および人事異動を行いますことを発表します。

今回の目的は、競争激化するレコード市場の中で、当社の販売力を維持、強化すること、およびカタログの積極的な活用等を通じて、収益基盤を強化することであります。特に営業部門は、社内の他部門からの異動により、営業スタッフを増員いたします。

また、本部体制を営業本部のみとし、それ以外の本部制度を廃止することによって、間接部門の徹底したスリム化を図り、現場強化に努めます。

【機構改革 ― 発令日 4月15日】

1) 営業本部

情報の共有強化と意思決定の迅速化により、競争力を強化し売上・利益増大を図り、営業力No.1会社を目指します。また、製造販売受託(P&D)ビジネスも更に強化し、コロムビアデジタルメディア(CDM)の生産活性化を図ります。リテール営業を担う市販営業とエリア毎のプロモーションをスムーズに展開するため、プロモーション営業部を新設いたします。

  • (1) 販売促進部を新設し、業務課を販売促進部へと吸収します。
  • (2) 宣伝本部エリアプロモーション部を改組し、営業本部プロモーション営業部と改称します。
2) 特販事業部
商品および販路開発を担う開発営業を、営業本部より独立化し、新たな販路拡大に対応できる体制を作り、売上・利益増大を図ります。
3) 通販事業部
コロムビアファミリークラブ(CFC)などの企画商品の見直しや、40万以上の顧客データを最大限に活かし、通信販売等の直販による市場拡大を図ります。
4) デジタル事業部
着信うた、着信メロディなどのモバイルや、次世代メディア、ネットブロードキャスティングなどのビジネスのための環境を整備し、新たな市場の開拓を図ります。
5) 業務プロセス管理室
制作工程から製品の出荷、販売までのプロセスを見直しする部署を新設し、全社工程を横断的に整備することにより、社内のオペレーションを円滑かつ迅速にすることを目指します。
6) コロムビアレコード(CR)
  • (1) 宣伝本部よりCR担当の宣伝グループを移動し、CR宣伝企画グループと改称します。
7) コロムビアハウス(CH)

ジャンル毎の体制へと編成することにより、作品強化を徹底します。

  • (1) 第1制作部映像グループを、映像制作部と改称します。
  • (2) 第1制作部アニメグループを、アニメ制作部と改称します。
  • (3) 第1制作部エデュケーショナルを、エデュケーショナル制作部と改称します。
  • (4) 第2制作部J-roomを、J-room制作部と改称します。
  • (5) 第2制作部邦楽グループを、邦楽制作部と改称します。
  • (6) 宣伝本部よりCH担当の宣伝グループを移動し、CH宣伝企画グループと改称します。
8) コロムビアジャパン(CJ)

J-POP・J-ROCK・R&Bなどのジャンル毎の体制を明確にします。

  • (1) J-POPグループ、J-ROCKグループ、R&Bグループ、スペシャルプロジェクトに編成します。
  • (2) 宣伝本部よりCJ担当の宣伝グループを移動し、CJ宣伝企画グループと改称します。
9) コロムビアインターナショナル(CI)

従来の洋楽、クラシック、海外映像を制作から宣伝まで一括して管理する体制とし、コスト削減に努める一方、徹底したヒット作品を作るべく戦略を強化します。

  • (1) 洋楽制作、宣伝部、制作進行管理を一元化し、制作/宣伝進行管理部と改称します。
10) 制作管理部
レーベル管理本部を制作管理部と改称します。各制作部に設置されていた編集グループを集約します。
11) カタログ事業開発室
当社資産である旧譜を最大限に利用したビジネスを強化し、事業拡大とともに収益力の強化を図ります。
12) スタジオ・技術部
技術部をスタジオ・技術部と改称し、スタジオの有効活用化を図り、A&Rの制作支援を強化していきます。
13) 宣伝部

激変する市場環境に対応すべく、戦略的な宣伝立案と宣伝予算管理の徹底化を図ります。

  • (1) 戦略宣伝グループを新設します。
  • (2) メディア宣伝1、2部を統合し、人材の有効活用を図るべくメディア宣伝グループと改称します。
  • (3) 戦略的宣伝展開をプロモーション営業部に繋ぐべく宣伝推進グループを新設します。
14) 戦略事業開発室
新規製造販売受託(P&D)ビジネスの獲得の他、食玩などのアライアンスビジネスを展開し事業拡大を図ります。
15) Business Affairs(ビジネスアフェアズ)
新規事業に関わる契約交渉やライセンス等のビジネスを行います。

詳細はこちらをご覧ください。[pdf:119KB]

ダウンロードボタン
PDFファイルをご覧になれない方は、こちらをダウンロード&インストール
この件についてのお問い合わせ先
コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社
経営企画部 PR/ERグループ チーフスタッフ 後藤知子