メジャーデビュー10周年記念アルバム
ARIA 花から花へ~オペラ・アリア名曲集
2018年12月19日発売 [高音質CD「UHQCD」採用] COCQ-85445 ¥3,000+税

CD収録曲
  1. 歌劇《椿姫》 ~不思議だわ! ~ ああ、きっと彼なのね ~ 私はいつも自由で (ヴェルディ)
    È strano! - Ah, forse è lui che l'anima - Sempre libera from La traviata (Giuseppe Verdi)
  2. 歌劇《椿姫》 ~さようなら、過ぎ去った日々の美しく楽しい夢よ (ヴェルディ)
    Addio, del passato from La traviata (Giuseppe Verdi)
  3. 歌劇《ラ・ボエーム》 ~ええ、私はミミと呼ばれています (プッチーニ)
    Sì, mi chiamano Mimì from La bohème (Giacomo Puccini)
  4. 歌劇《ラ・ボエーム》 ~私が独りで街を歩くと (プッチーニ)
    Quando me'n vò from La bohème (Giacomo Puccini)
  5. 歌劇《つばめ》 ~誰がドレッタの美しい夢を (プッチーニ)
    Chi il bel sogno di Doretta from La Rondine (Giacomo Puccini)
  6. 歌劇《夢遊病の女》 ~ああ! 信じられない (ベッリーニ)
    Ah! Non credea mirarti from La sonnambula (Vincenzo Bellini)
  7. 歌劇《ノルマ》 ~清らかな女神 (ベッリーニ)
    Casta Diva from Norma (Vincenzo Bellini)
  8. 歌劇《イドメネーオ》 ~いったいいつ終わるのでしょう~父よ、兄弟たちよ、さようなら! (モーツァルト)
    Quando avran fine omai - Padre, germani, addio! From Idmeneo (Wolfgang Amadeus Mozart)
  9. 歌劇《魔笛》 ~ああ、私は感じます、消えてしまったのね (モーツァルト)
    Ach, ich fühl's from Die Zauberflöte (Wolfgang Amadeus Mozart)
  10. 歌劇《ルサルカ》 ~月に寄せる歌 (ドヴォルザーク)
    Měsíčku na nebi hlubokém from Rusalka (Antonín Dvořák)
  11. 歌劇《夜叉ヶ池》 ~百合のアリアと子守歌(香月修)
    Yuri’s Lullaby from Yashagaike (Demon Pond) (Katsuki Osamu)

♪ 楽曲試聴はこちらから>>>

ソプラノ:幸田浩子 Hiroko Kouda
指揮:ラルフ・ワイケルト Ralf Weikert
管弦楽:チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団 Brno Philharmonic

録音:2018年8月27日~31日 ブルノ・Besední dům

2008年に日本コロムビアよりファースト・アルバム『モーツァルト・アリア集』をリリースしたオペラ歌手の幸田浩子。以来、オペラ・アリア、オペレッタ、NHK「ラララ♪クラシック」のリクエスト特集で第1位にも選ばれたラフマニノフのヴォカリーズ、幸田の身体の一部のようなオリジナル曲「カリヨン」、慈しみに満ちた日本のうた、子守歌、また昨年には中島みゆきさんの「糸」を始めとするJ-POPの名曲のカバーを収録し、歌のジャンルの垣根を超えたアルバムをリリースしてきました。そしてメジャーデビューから10周年の今年、節目の年にお届けする10枚目の記念すべきアルバムは、幸田が長年大切に温めてきた歌劇『椿姫』のヴィオレッタを始めとする10人のヒロインたちが歌う、愛にあふれた王道のアリアを幸田が選曲し、チェコの第2の都市でヤナーチェクゆかりの地といわれているブルノにて、モラヴィア地方随一のチェコ国立ブルノ・フィルハーモニー管弦楽団と、幸田浩子がオペラの舞台で共演を重ね、絶大な信頼を寄せる名匠ラルフ・ワイケルト氏のタクトのもと、8月下旬にオーケストラの本拠地であるBesední důmにてセッション録音を行いました。
国内外のオペラ劇場に出演を重ね、コンサートの舞台での活躍も目覚ましい日本ソプラノ界随一のディーヴァ幸田浩子が歌う11曲の愛があふれたアリアの名曲中の名曲です。

Top