タルカス クラシック meets ロック 〜吉松隆商品情報

タルカス クラシック meets ロック 〜吉松隆

タルカス クラシック meets ロック 〜吉松隆

[ALBUM] 2010/07/21発売

タルカス クラシック meets ロック 〜吉松隆

COCQ-84832 ¥2,400+税

ファン垂涎!ジャケット写真は、オリジナル盤ジャケットのイメージをなんと実写化!

●タルカス キース・エマーソン(吉松隆:編)
●BUGAKU  黛敏郎(1962)
●アメリカ Remix ドヴォルザーク(吉松隆:編)*
 〜弦楽四重奏曲「アメリカ」によるピアノとオーケストラのための
●アトム・ハーツ・クラブ組曲第1番  吉松隆

ピアノ:中野翔太*
指揮:藤岡幸夫  東京フィルハーモニー交響楽団 

録音:2010年3月14日 東京オペラシティコンサートホール(初台)[ライヴ収録]

購入する

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。


●タルカス キース・エマーソン(吉松隆:編)
●BUGAKU  黛敏郎(1962)
●アメリカ Remix ドヴォルザーク(吉松隆:編)*
 〜弦楽四重奏曲「アメリカ」によるピアノとオーケストラのための
●アトム・ハーツ・クラブ組曲第1番  吉松隆

ピアノ:中野翔太*
指揮:藤岡幸夫  東京フィルハーモニー交響楽団 

録音:2010年3月14日 東京オペラシティコンサートホール(初台)[ライヴ収録]

世界のYOSHIMATSUが、プログレ至高の名曲のフルオーケストラ化に挑んだ、21世紀のネオクラシック

「タルカス」は、プログレッシヴ・ロックの大人気バンド:エマーソン・レイク&パーマー(EL&P)が1971年に発表したセカンド・アルバム「タルカス」のメインナンバー。全7曲からなる20分ほどの組曲で、原曲の編成はキイボード、ベース(&ヴォーカル)、ドラムス。
プログレッシヴ・ロックを代表する名曲として知られ、当アルバムは全英1位、全米9位を記録した名盤。作曲は、キイボード担当のキース・エマーソン。
今回は、この作品の全曲をほぼ原曲に忠実にオーケストラ化(編曲:吉松隆)したもの。プログレファンは、クラシックファンとも重なっており、この作品が演奏されたコンサートも、話題を呼びました。
カップリングに、同じくクラシックとロックを融合した「アトム・ハーツクラブ組曲」、ドヴォルザークの「アメリカ」をピアノ協奏曲に編曲したRemix版、そして、現代音楽の名曲「BUGAKU」を収録しました。