Sweet Robots Against The Machine

テイ・トウワの変名プロジェクト
Sweet Robots Against The Machine
16年ぶりに再始動、3rdアルバム発売決定!
テイ・トウワ、砂原良徳、バカリズムの3人となって再出発

3rd Album「3(さん)」2018/07/18(水)発売
収録曲、ジャケット公開!バカリズム、参加女優のコメント発表

16年ぶりに再始動となるTOWA TEIの変名プロジェクト、Sweet Robots Against The Machineの収録内容、ジャケット写真、バカリズムと参加女優陣のコメントを発表!SRATMセカンドアルバムのPVにも出演していた麻生久美子、今回SRATMの楽曲に初参加となった夏帆と女優陣も歌唱で参加。ジャケットはポップカルチャー、プロレス、ホラー映画など、多様なイメージを集積し、独自の絵画世界を編んできた五木田智央。LPはInstrumental ver.を5曲収録。

夏帆 砂原良徳・麻生久美子・テイ・トウワ




僕にとってテイさんと砂原さんは学生時代からずっと聴いていた憧れのお二人で、そんな方たちと一緒にアルバムを作るわけですから、きっとものすごく緊張するんだろうなあと思っていましたが、始まってみるとデータのやりとりがほとんどで、面白がって作っていたらあっと言う間に終わった感覚です。
お二人ともとにかく作業のテンポが早くて、毎日次から次へとカッコいい音楽のデータやアイデアが送られて来るので、僕もひたすら思いついたねたや歌詞を書いて送りました。
超カッコよくて超へんな仕上がりになっていると思います。
バカリズム


テイさんと バカリズムさんとは『架空OL日記』というドラマでの御縁もあり、是非!!!とお受けしたものの、、
そもそもレコーディングスタジオに行くことじたい、ほとんど、いや、まったく普段の仕事ではないことので、なにもかもが不慣れすぎて、ドッキドキでした。
でも、バカリズムさんとのあのなんとも言えないセリフのやりとりに、懐かしいねー!とドラマの撮影時に一瞬で気持ちが戻り、それはやっぱり心地がよかったです。
本気で遊べるって素敵ですね。あのシュールな世界観、大好きです。
夏帆


テイさんとは、Sweet Robots Against The Machineの「FREE」のPVと、中野裕之監督の映画「Short Films」で歌わせて頂いたのをきっかけにお会いしてからもう十数年。いつかまたお仕事したい!という気持ちがずっとありましたので、今回この様な形で再会出来たことをとても嬉しく思っております。
レコーディングは、とにかく楽しくて、テイさんと砂原さんに「(埼玉の?だったかな?)スナックのママ感を出してみて」など具体的な演出をして頂いたので、スッとこの曲の世界に入っていけました。
バカリズムさんの歌詞もとても面白くて、歌っているうちにどんどん想像が膨らむ味わい深い歌詞ですし、まさかデュエットさせて頂けるなんて夢にも思わず…実際お会いしてはおりませんが、とても近くに感じながらのレコーディングになりました。貴重な経験をありがとうございます!
麻生久美子


そもそもSweet Robots Against Machine略してSRATMのファースト「Sweet Robots Against Machine」は、SOUND MUSEUMというセカンドソロアルバムのスピンオフでした。セカンドでいきなり3枚組は重いよなあと思い、ソロとは別途、SRATMのデビューアルバムを二枚組で出しました。
今思うと、ファーストがビックリする程売れたので、プレッシャーからの逃避、自我の解放だったのかぁと。。
セカンドの「TOWA TEI」ではもう、ソロでもスピンオフでもなんでもいいや、つうアルバムでした。これもある意味、アルバムタイトルに我輩は考える葦である的自我が出きってます。
そんな前作から16年。 なんかまた急にスピンオフしたくなって。今回サードアルバムではメンバーが一人から3人組に増え、「3」です。
僕はずっとバカリさんのワンアンドオンリーな笑い(ダウンタウンクルー以降)の大ファンなんですが、、バカリさんとはバカリトウワで四~五年前からなんかヤリたいですねって話してて。やっとタイミングがキタ~つうか、やっと縁がキタ~つうか。
今回は、言葉を使ったバカリさんがリード役なんです。
砂原Pとは今やMETAFIVEつうバンド仲間なんですが、 SRATMファーストから全然一緒にヤってました。実は二人でシラっと配信オンリーのミニアルバム「Alignment」なんてのもヤったっけ。。(machbeat.com/shopにてまだ買えますよ)
兎にも角にも、全く新しいコンセプトのスウィートロボッツアゲインストザマシーンサンを是非聞いてください。一人の移動中でもパーティのBGM でも新しいカフェミュージックでもなんでもいいですし、以前のアルバムは聞かなくても全然大丈夫で。
僕は新型アシッドミニマルラウンジなんとか、もしくは20年後のレア珍盤だと思ってます。
このコメントはウチで業務提携しているAIが自動生成しました。
TOWA TEI

プロフィール

◯Sweet Robots Against the Machine(スウィート ロボッツ アゲインスト ザマシーン)

テイ・トウワの変名プロジェクト。
1997年1stアルバム『Sweet Robots Against the Machine』をリリース(参加アーティスト:砂原良徳、清水靖晃、Stretch Armstrongら)2002年には2nd アルバム『TOWA TEI』をリリース(参加アーティスト:砂原良徳、細野晴臣 セニョールココナッツ)
16年振りとなる、最新作「3」では、テイ・トウワ、過去2作にも参加している砂原良徳に加え、タレントや作家として多岐の分野で活躍しているバカリズムが参加する事が決定。
バカリズム出演のラジオやテレビにテイ・トウワが楽曲を書きおろした事が縁で、今回のプロジェクト参加、今作アルバムリリースに至る。

◯TOWA TEI / テイ・トウワ

1990年にDeee-Liteのメンバーとして、アルバム「WorldClique」で全米デビュー。その後活動の拠点を日本に置き、1994年に1stソロ・アルバム「FutureListening!」をリリース。 DJと並行して制作も精力的に続け、ソロデビュー20周年を迎えた2014年には、「94-14 REMIX」、「94-14 COVERS」、「94-14」のベスト・アルバム三部作を発表した。
その後、高橋幸宏、小山田圭吾、砂原良徳、LEO今井らとMETAFIVEとしての活動を本格的に始動させ、アルバム2枚を発表、全国ツアーも大成功させる。
2013年9月から現在に到るまで、東京・青山にあるINTERSECT BY LEXUS -TOKYOの店内音楽を監修している。
2017年にはNHKドキュメンタリー番組「草間彌生 わが永遠の魂」の音楽を担当し、9枚目のソロ・オリジナルアルバム「EMO」をリリース。
twitter@towatei

◯砂原良徳(すなはら よしのり)

1969年9月13日生まれ。北海道出身。電気グルーヴに91年に加入し、99年に脱退。電気グルーヴの活動と平行して行っていたソロ活動では、95年にアルバム『Crossover』、98年にはアルバム『TAKE OFF AND LANDING』、『THE SOUND OF '70s』を2作連続リリース。01年に電気グルーヴ脱退後初となるアルバム『LOVEBEAT』をリリース。02年には幕張メッセで行われたフェスティバル“ELECTRAGRIDE”でキャリア初となるソロライブを披露。その他にもACOのシングル「悦びに咲く花」、映画「ピンポン」の主題歌となったスーパーカーのシングル「YUMEGIWA LAST BOY」などのプロデュースや数多くのCM音楽などを手掛ける。09年には映画「ノーボーイズ、ノークライ」(主演:妻夫木聡/ハ・ジョンウ)のサウンドトラック『No Boys, No Cry Original Sound Track』をリリース。2010年には元スーパーカーのいしわたり淳治とのユニット<いしわたり淳治&砂原良徳>を結成し、相対性理論のやくしまるえつこをボーカリストに迎えてシングル「神様のいうとおり」をリリース。2011年4月には10年振りのオリジナルアルバム『liminal』をリリース。2015年には高橋幸宏、TOWA TEI、小山田圭吾、ゴンドウトモヒコ、LEO今井とともにMETAFIVEを結成し、2016年1月にアルバム『META』をリリースした。
twitter@_sunahara_

◯バカリズム

1995年『バカリズム』を結成。
2005年12月よりピン芸人として活動。
現在、TVレギュラー番組を中心に活動するかたわら、定期的に単独ライブを行っており、発売と同時に即完売となる人気を誇る。
他にもナレーションや役者、脚本、イラスト、書籍など多方面で活動中。
バカリズム原作・脚本・主演「架空OL日記」
第36回向田邦子賞 受賞
twitter@BAKARHYTHM