冠二郎プロフィール

PROFILEプロフィール

冠二郎

冠二郎

◇ 本名 / 堀口 義弘
◇ 生年月日 / 昭和19年4月23日
◇ 出身地 / 埼玉県秩父市
◇ 趣味 / 日本舞踊、書道、読書、映画鑑賞、旅

昭和42年11月ビクターレコードより「命ひとつ」でデビュー。
昭和51年4月コロムビアレコードへ移籍。
以来、数々のヒット曲と受賞歴、3度のNHK紅白歌合戦出場を数え、現在、歌手生活50周年を迎えている。

【ヒストリー】
昭和19年4月23日 埼玉県秩父市出身
県立秩父高等学校高等学校在学中、秩父高の橋(幸夫)と呼ばれていた。
昭和37年3月高校卒業と同時に歌手を目指して上京。
作詩家 三浦康照氏に内弟子として師事。
昭和42年11月ビクターレコードより「命ひとつ」でデビュー。
昭和47年4月アルバム「演歌の魂」ヒット賞初受賞。
昭和51年4月コロムビアレコードへ移籍。
昭和52年11月歌手生活10周年記念曲「旅の終りに」が大ヒット。ミリオンセラーとなる。
昭和58年4月「みれん酒」が40万枚のヒット。
昭和62年6月歌手生活20周年記念リサイタルを豊島公会堂で実施。
平成3年12月31日第42回NHK紅白歌合戦に「酒場」で初出場。
平成4年6月
12月31日
歌手生活25周年記念リサイタルを浅草公会堂にて実施。
第43回NHK紅白歌合戦に「炎」で2年連続で出場。
平成7年12月31日第46回NHK紅白歌合戦に「まごころ」で3回目の出場
平成9年5月
6月
歌手生活30周年記念リサイタルを大阪厚生年金ホールにて実施。
歌手生活30周年記念リサイタルを中野サンプラザホールにて実施。
平成14年3月
6月
歌手生活35周年記念パーティーを東京プリンスホテル「鳳凰の間」で開催。
日本、モンゴル国交樹立30周年記念コンサートに出演。
平成15年10月TBS系月曜ミステリー「桜田桃子の冒険3」に準主役で出演。
平成21年10月出身地・秩父市の観光大使を委嘱される。
平成24年6月歌手生活45周年記念コンサートを秩父郡皆野町文化会館にて実施。
平成28年4月歌手生活50周年を迎える。
平成29年11月歌手生活50周年記念カラオケ大会&コンサートを中野ゼロ小ホールにて開催。
【受賞歴】
昭和59年 第17回日本有線大賞 有線奨励賞受賞 「さだめ舟」
昭和62年 第8回メガロポリス歌謡祭 男性演歌部門入賞
昭和63年 第9回メガロポリス歌謡祭 男性演歌部門入賞
平成元年 第10回メガロポリス歌謡祭 男性演歌部門入賞
平成3年 第18回横浜音楽祭 ラジオ日本演歌賞受賞
平成3年 第22回日本歌謡大賞 放送音楽賞受賞
平成3年 第24回日本有線大賞 有線音楽優秀賞受賞 「酒場」
平成3年 第17回日本演歌大賞 演歌スター賞受賞
平成4年 第25回日本有線大賞 有線音楽賞受賞 「炎」
平成6年 第27回日本作詩大賞 入賞 「天命」
平成7年 第28回日本作詩大賞 入賞 「まごころ」
平成8年 第29回日本作詩大賞 入賞 「望楼の果て」
平成12年 第33回日本有線大賞 有線音楽優秀賞受賞 「酒に酔いたい」
平成13年 第34回日本有線大賞 有線音楽優秀賞受賞 「ふたりの止まり木」
平成14年 第23回松尾芸能大賞 優秀賞受賞
平成14年 第35回日本有線大賞 有線音楽優秀賞受賞 「都忘れの花のように」
平成14年 第35回日本作詩大賞 入賞 「都忘れの花のように」
平成16年 第37回日本有線大賞 有線音楽賞受賞 「これでいいんだよ」
平成17年 第38回日本作詩大賞 入賞 「ほろよい酔虎伝」
平成17年 第38回日本有線大賞 最多リクエスト曲賞受賞 「ほろよい酔虎伝」
平成18年 第39回日本有線大賞 有線音楽優秀賞受賞 「ブラボー酔虎伝」
平成19年 第40回日本有線大賞 有線音楽優秀賞受賞 「燎原の狼 〜若き日のジンギスカン〜」
平成20年 第41回日本有線大賞 有線音楽優秀賞受賞 「浪花酔虎伝」
平成21年 第42回日本有線大賞 有線音楽優秀賞受賞 「流氷岬」
平成24年 第45回日本有線大賞 有線功労賞 「炎」
【シングル ディスコグラフィー】
昭和42年11月 「命ひとつ」 作詩/四条宏美 作曲/石中仁人 編曲/石中仁人
昭和43年4月 「海へ帰ろう」 作詩/森本涼史 作曲/ひろせあきら 編曲/武田かほる
昭和43年11月 「命の女」 作詩/方城由美子 作曲/吉田 正 編曲/吉田 正
昭和44年3月 「出世太鼓」 作詩/方城由美子 作曲/吉田 正 編曲/吉田 正
昭和44年11月 「命惚れ」 作詩/方城由美子 作曲/北原じゅん 編曲/北原じゅん
昭和45年4月 「釧路発霧の第三便」 作詩/方城由美子 作曲/方城由美子 編曲/寺岡真三
昭和45年10月 「裏街流転歌」 作詩/方城由美子 作曲/みなみらんぼう 編曲/寺岡真三
昭和46年7月 「大演歌」 作詩/四条宏美 作曲/猪俣公章 編曲/船木謙一
昭和47年7月 「雨の盛り場」 作詩/四条宏美 作曲/河村利夫 編曲/河村利夫
昭和48年4月 「淋しい女の唄」 作詩/山口洋子 作曲/一ノ木勇作 編曲/近藤 進
昭和48年11月 「哀愁東京」 作詩/宮川としを 作曲/宮川としを 編曲/船木謙一
昭和49年7月 「玄海別れ唄」 作詩/瀧竜二 作曲/千葉 毅 編曲/船木謙一
昭和50年3月 「忘却の旅」 作詩/宮川としを 作曲/宮川としを 編曲/船木謙一
昭和51年6月 「港恋灯り」 作詩/三浦康照 作曲/川口真 編曲/竜崎孝路
昭和51年12月 「霧ふる町」 作詩/三浦康照 作曲/川口 真 編曲/竜崎孝路
昭和52年4月 「泣いてもいいよ」 作詩/三浦康照 作曲/遠藤実 編曲/斉藤恒夫
昭和52年11月 「旅の終りに」 作詩/立原岬 作曲/菊池俊輔 編曲/菊池俊輔
昭和53年6月 「亜樹子」 作詩/三浦康照 作曲/三原一乃 編曲/竹村次郎
昭和53年11月 「望郷物語」 作詩/五木寛之 作曲/立原岬 編曲/小笠原寛
昭和54年4月 「夫婦春秋」 作詩/関沢新一 作曲/市川昭介 編曲/佐々永治
昭和54年10月 「ひとり北国」 作詩/鳥井実 作曲/朴 椿石 編曲/佐々永治
昭和55年4月 「流浪歌」 作詩/吉田旺 作曲/徳久広司 編曲/斉藤恒夫
昭和56年3月 「あなたの恋灯り」 作詩/三浦康照 作曲/岸本健介 編曲/斉藤恒夫
昭和56年10月 「あなたは男でしょう」 作詩/野崎秀孝 作曲/稲沢祐介 編曲/斉藤恒夫
昭和57年7月 「度胸船」 作詩/三浦康照 作曲/船村 徹 編曲/丸山雅仁
昭和58年2月 「みれん酒」 作詩/三浦康照 作曲/市川昭介 編曲/佐伯 亮
昭和59年4月 「さだめ舟」 作詩/三浦康照 作曲/市川昭介 編曲/佐伯 亮
昭和60年3月 「男の子守唄」 作詩/三浦康照 作曲/市川昭介 編曲/池多孝春
昭和60年10月 「親孝行音頭」 作詩/笹川良一・中山大三郎 作曲/中山大三郎 編曲/池多孝春
昭和61年1月 「演歌人生」 作詩/鳥井実 作曲/花笠薫 編曲/池多孝春
昭和61年8月 「餞(はなむけ)」 作詩/三浦康照 作曲/深谷昭 編曲/池多孝春
昭和62年6月 「北海あばれ節」 作詩/三浦康照 作曲/市川昭介 編曲/佐伯亮
昭和63年3月 「ねぶた男肌」 作詩/三浦康照 作曲/市川昭介 編曲/佐伯亮
平成元年2月 「しのび酒」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/佐伯 亮
平成2年3月 「のぼり竜」 作詩/辻本茂 作曲/和田香苗 編曲/佐伯亮
平成3年12月 「酒場」 作詩/三浦康照 作曲/叶 弦大 編曲/佐伯亮
平成4年2月 「ぬくもり」 作詩/三浦康照 作曲/叶 弦大 編曲/佐伯亮
平成4年9月 「炎」 作詩/三浦康照 作曲/和田香苗 編曲/前田俊明
平成5年4月 「ムサシ」 作詩/三浦康照 作曲/和田香苗 編曲/前田俊明
平成5年8月 「人情酒場」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/佐伯亮
平成6年5月 「天命」 作詩/三浦康照 作曲/山口ひろし 編曲/丸山雅仁
平成7年1月 「まごころ」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/前田俊明
平成7年9月 「波濤万里」 作詩/三浦康照 作曲/山口ひろし 編曲/南郷達也
平成7年12月 「思い出川」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/佐伯亮
平成8年8月 「望楼の果て」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/丸山雅仁
平成9年3月 「大文字」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/南郷達也
平成9年9月 「こころ花」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/丸山雅仁
平成10年2月 「バイキング」 作詩/三浦康照 作曲/和田香苗 編曲/前田俊明
平成10年6月 「男の錦」 作詩/三浦康照 作曲/和田香苗 編曲/南郷達也
平成10年12月 「冠 Revolution」 作詩/三浦康照 作曲/和田香苗 編曲/コモエスタ八重樫
平成11年1月 「愛しき人よ」 作詩/ふくしまとまる・藤井青銅 (補)三浦康照 作曲/ふくしまとまる 編曲/南郷達也
平成11年5月 「太陽に叫ぼう」 作詩/三浦康照 作曲/和田香苗 編曲/南郷達也
平成12年3月 「ふたりの止まり木」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/南郷達也
平成12年12月 「兄貴」 作詩/三浦康照 作曲/遠藤実 編曲/前田俊明
平成13年6月 「酒に酔いたい」 作詩/三浦康照 作曲/遠藤実 編曲/前田俊明
平成14年3月 「都忘れの花のように」 作詩/三浦康照 作曲/遠藤実 編曲/前田俊明
平成15年3月 「満天の星」 作詩/三浦康照 作曲/遠藤実 編曲/佐伯亮
平成15年9月 「面影の女」 作詩/三浦康照 作曲/遠藤実 編曲/前田俊明
平成16年3月 「流転酒」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/南郷達也
平成16年8月 「これでいいんだよ」 作詩/三浦康照 作曲/水森英夫 編曲/南郷達也
平成17年6月 「ほろよい酔虎伝」 作詩/三浦康照 作曲/水森英夫 編曲/南郷達也
平成18年3月 「横浜物語」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/南郷達也
平成18年9月 「ブラボー酔虎伝」 作詩/三浦康照 作曲/水森英夫 編曲/南郷達也
平成19年2月 「花も実もある人生航路」 作詩/三浦康照 作曲/遠藤実 編曲/伊戸のりお
平成19年9月 「燎原(りょうげん)の狼 〜若き日のジンギスカン〜」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/櫻庭伸幸
平成20年3月 「俺のふる里」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/南郷達也
平成20年9月 「浪花酔虎伝」 作詩/三浦康照 作曲/水森英夫 編曲/前田俊明
平成21年3月 「流氷岬」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/櫻庭伸幸
平成21年11月 「居酒屋 かもめ 流れ酒」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/前田俊明
平成22年4月 「人生夢太鼓」 作詩/三浦康照 作曲/岡千秋 編曲/前田俊明
平成22年9月 「小雪の酒場」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/南郷達也
平成23年1月 「旅路の果て」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/櫻庭伸幸
平成23年8月 「お前のために」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/櫻庭伸幸
平成24年3月 「ここ一番 男花」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/南郷達也
平成24年8月 「人生はふたりの舞台」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/南郷達也
平成25年3月 「孤独の川」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/宮崎慎二
平成25年9月 「道」 作詩/三浦康照 作曲/三枝伸 編曲/櫻庭伸幸
平成26年4月 「望郷エトランゼ」 作詩/三浦康照 作曲/岡千秋 編曲/前田俊明
平成26年8月 「どうせこの世は成り行きまかせ」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/前田俊明
平成27年2月 「酒ものがたり」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/丸山雅仁
平成27年8月 「夢に賭けろ」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/伊戸のりお
平成28年2月 「友情の海」 作詩/三浦康照 作曲/船村徹 編曲/南郷達也
平成28年8月 「万里の嵐」 作詩/三浦康照 作曲/小野彩 編曲/櫻庭伸幸 前田俊明
平成29年3月 「ふたりの止まり木 〜歌手生活50周年記念バージョン〜」 作詩/三浦康照 作曲/叶弦大 編曲/南郷達也
平成30年3月 「演歌人生(平成版)」 作詩/鳥井実 作曲/花笠薫 編曲/池多孝春