生誕80周年記念ロゴ

美空ひばり 生誕80周年記念 NHK出版DVD+BOOK 永遠の美空ひばり 紅白のすべてと伝説のNHK番組

商品写真 永久保存限定盤 DVD6枚+CD2枚+愛蔵版BOOK(96P) 化粧箱入り COZP-1296-1303 ¥42,000+税 コロムビアミュージックショップでの購入はこちら

商品紹介

「NHK紅白歌合戦」での現存する映像・音声と、「思い出のメロディー」の熱唱、森繁久彌、江利チエミ、島倉千代子らとの共演、素顔に肉薄したドキュメンタリーまで。
NHKに残る1953~2003年放送の全20番組 約230歌唱を復刻。

商品
  • 現存する紅白歌合戦の映像・音声を全公開

    第8回(昭和32年)から第30回(昭和54年)までの17回分の映像と音声をお届け。テレビ史上最高視聴率(81.4%)の誉れ高き第14回放送、久々の登板となった第30回放送など歴史的な回を全収録!
  • 夢の共演シーンも蔵出し

    多くの大物歌手・俳優との豪華共演、宮田輝・高橋圭三・山川静夫アナなどの司会も懐かしいNHKならではの映像がたっぷり。
  • 山川静夫アナによる本邦初公開 単独インタビュー!

    1988年2月26日、目黒区青葉台・美空ひばり宅に於けるインタビュー。東京ドームコンサートに臨む直線の収録。これまでの歌手人生、母への思い、長期入院を乗り越えた心境を語る。南米向け国際ラジオでのみ放送された大変貴重な内容。山川アナ個人保管の放送素材のままお届けします。
  • ドキュメント番組映像で人物像にも肉迫

    ひばりファンの間で「もう一度見たい」との声の多い番組を初収録。人間・加藤和枝の核心に迫る。
  • 豪華執筆陣による愛蔵版BOOK

    ひばりの歩みと機微を知り尽くしたプロデューサーの渾身の筆と、親交の深い著名人が語るひばりへの想い。NHKアーカイブスに眠る希少な写真も初公開!

収録内容

DVD

DISC-1 熱唱ふたたび ~紅白歌合戦
  • NHK紅白歌合戦<1963年、1965~72年、1979年放送>
  • 思い出のメロディー
    (共演:森繁久彌、石坂浩二、雪村いづみ)<1969年、1979年、1985年放送> 思い出のメロディー
  • 歌のグランド・ショー
    (共演:橋幸夫、西郷輝彦)<1968年、1977年放送>
DISC-2 思い出の名場面・名調子
  • ビッグショー 石本美由起 演歌・友情・そして酒<1978年放送>
  • あのとき あの歌 このスター VTRをもういちど
    (司会:沢田研二)<1979年放送>
  • 幾山河は超えたれど 昭和のこころ・古賀政男
    (聞き手:渥美清)<1979年放送>
  • あの歌 この人 60年 ~放送開始60周年<1985年放送>
  • 特集・NHK歌謡ホール ~昭和の歌ベスト100<1986年放送>
  • 昭和の歌 歌は電波にのって<1986年放送>
DISC-3 ひばりと仲間たち
  • ばらえてい テレビファソラシド
    ~ひばりファソラシド
    (司会:永六輔、出演:近藤真彦)<1980年放送> ばらえてい テレビファソラシド
  • 新春 夢の競演
    (出演:江利チエミ、雪村いづみ)<1980年放送> 新春夢の競演
  • NHK花のステージ
    (出演:北島三郎、五木ひろし)<1978年放送>
  • NHK花のステージ
    (共演:森進一、島倉千代子)<1979年放送>NHK花のステージ
DISC-4 ひるのプレゼント セレクション
  • 絶唱 美空ひばり<1978年、1979年放送> ひるのプレゼント
  • 初春うたい初め ひばり節!<1981年放送>
DISC-5 珠玉の特別記念公演
  • 金曜招待席「歌は我が命」
    ~芸能生活30周年記念公演から<1977年放送>
  • この道ひとすじに 美空ひばり
    ~芸能生活35周年特別公演から<1981年放送>
DISC-6 ドキュメント ザ・ひばり
  • NHKミッドナイトジャーナル
    美空ひばりの七つの悲しい酒<1990年放送>
  • NHKスペシャル 最期のひばり
    ~日記が明かす空白の4か月~<2003年放送>

CD

DISC-1 まぼろしの歌声と肉声
  • NHK紅白歌合戦(ラジオ放送)<1957~1962年、1964年放送>
  • 黄金の椅子 美空ひばりショウ(NHKラジオ第一)<1953年放送>
  • この人に聞く(ラジオ国際放送)(聞き手:山川静夫)<1988年放送>
DISC-2 いきいきワンマンショー
  • はつらつスタジオ505
    ~美空ひばりワンマンショー ~わが道は歌とともに
    (完全ノーカット版、ゲスト:中村メイコ、日野皓正)<1985年放送>

BOOK

DVD:モノクロ/カラー、モノラル/ステレオ、約634分
CD:モノラル、約138分
書籍:A4/96ページ

制作:NHK出版

この商品は古い映像、音源を使用しておりますので一部ご覧になりにくい箇所、お聞き苦しい箇所がありますがオリジナルテープにあるものです。ご了承ください。

美空ひばりと紅白歌合戦

1970年(昭和45年)/第21回NHK紅白歌合戦より
美空ひばりは1937年5月29日、横浜に生まれました。
1949年7月30日、12歳で松竹映画『踊る竜宮城』の主題歌『河童ブギウギ』でコロムビアから歌手としてレコードデビュー。
1989年6月24日午後0時28分、特発性間質性肺炎により52歳で亡くなるまで、18回の紅白出場を数えています。
最初は1954年(昭和29年)の第5回NHK紅白歌合戦。「ひばりのマドロスさん」で初出場。1957年の第8回NHK紅白歌合戦に「長崎の蝶々さん」で二度目の出場。その後は1972年の第17回NHK紅白歌合戦まで16年連続出場を記録。
1979年には第30回NHK紅白歌合戦に特別出場という形で出場しています。うち13回は紅組のトリ(大トリは11回)で出場しています。
本商品には、NHKに現存するすべての紅白での美空ひばりの歌唱シーンを収録。
1957年(昭和32)年放送の第8回から第13回までと第15回のラジオ放送音声と、1963年(昭和38年)放送の第14回、第16回から第23回、及び第30回のテレビ映像が収められている。第3回から第13回までの「紅白」のテレビ映像は当時、ビデオテープが大変高価だったため収録後は消去して使い回すのが通例で、「紅白」といえども例外ではなかったため、残っていない。残されたラジオ音声も、元は視聴者から提供いただいた音源であり、DVDに収めた1963(昭和38)年放送の第14回が、紅白全編の映像が現存する最も古い回である。
1965年にレコード大賞を受賞した直後に紅白に絣の着物に袴姿で歌う「柔」や1970年に紅組の司会という大役を終え大トリで「人生将棋」歌う映像も圧巻。また1966年の「悲しい酒」は発売直後のためか間奏のセリフがまだ入っていない珍しい映像となっています。
最後の紅白歌合戦は1979年。第30回を記念して、白組の藤山一郎と共に特別出演した回で「ひばりのマドロスさん」「リンゴ追分」「人生一路」をメドレーで歌い、以後紅白の舞台は踏んでいません。

初出場「ひばりのマドロスさん」

1954年(昭和29年)/第5回 日比谷公会堂

対戦相手:小畑実 出演順:13番目/紅組15人中
美空ひばりの初出場は1954年(昭和29年)の第5回紅白に17歳で初出場。
歌は「ひばりのマドロスさん」だったが、残念ながら映像も音声も残っていない。

2回目【ラジオ音声収録】「長崎の蝶々さん」

1957年(昭和32年)/第8回 東京宝塚劇場

対戦相手:三橋美智也 出演順:25番目/紅組25人中 大トリ(1回目)
第8回放送では、ひばりは紅組のトリとして「長崎の蝶々さん」を熱唱。この年の1月、浅草の公演中にひばりはファンの少女から塩酸をかけられ、火傷を負った。
そんな波乱の年の暮れ、20歳のひばりは堂々と、しかも非常に巧みに歌いきっている。

3回目【ラジオ音声収録】「白いランチで十四ノット」

1958年(昭和33年)/第9回 新宿コマ劇場

対戦相手:三橋美智也(2回目) 出演順:25番目/紅組25人中 大トリ(2回目)
この年も紅組のトリで登場。

4回目【ラジオ音声収録】「ご存知弁天小僧」

1959年(昭和34年)/第10回 東京宝塚劇場

対戦相手:春日八郎 出演順:25番目/紅組25人中 大トリ(3回目) ※史上初の3年連続大トリ
この年から第12回までは、中村メイコが司会を務めた。この時のことを中村は下記のように語っている。「私が司会を務めた第10回、11回、12回の紅白歌合戦では共演をはたしました。当時の紅白は、歌の入りと終わりくらいのリハーサルしかなく、司会は台本すらありませんでした。あの頃はライブ感があって面白かったですね。歌手も出番が終われば比較的自由で、まだ放送中なのに彼女が私にそっと耳打ちしてきたんです。
それを見た視聴者から「ひばりがメイコに意地悪した」と勘違いされたんですけど、本当は「メイコ、一緒に帰ろう」と言っていたんですね。意地悪どころか、その日放送が終わるやいなや紅白で着ていた派手なドレス姿で一緒に飲みに行ってました(笑)。酔っても、帰りにはちゃんと豊川稲荷にお参りするのが、当時の大晦日から元旦の過ごし方でしたね。」

5回目【ラジオ音声収録】「哀愁波止場」

1960年(昭和35年)/第11回 日本劇場

対戦相手:春日八郎(2回目) 出演順:14番目/紅組27人中

6回目【ラジオ音声収録】「ひばりの渡り鳥だよ」

1961年(昭和36年)/第12回 東京宝塚劇場

対戦相手:橋幸夫 出演順:14番目/紅組25人中

7回目【ラジオ音声収録】「ひばりの佐渡情話」

1962年(昭和37年)/第13回 東京宝塚劇場

対戦相手:春日八郎(3回目) 出演順:6番目/紅組25人中
この回の紅組司会・森光子は、「新婚のところ奥様をひばり(引っ張り)出して、(小林)旭(あきら)さん、ごめんなさい」とひばりを紹介、会場を沸かしている。

8回目【映像収録】「哀愁出船」

1963年(昭和38年)/第14回 東京宝塚劇場

対戦相手:三波春夫 出演順:25番目/紅組25人中 大トリ(4回目)
昭和38年
※テレビ史上最高視聴率(81.4%)を記録。
紅白全編の映像が現存する最も古い回。「東京オリンピック」前年の12月31日。紅組司会の江利チエミが「1963年、いちばん最後の締めくくりは歌謡界の女王・美空ひばりさん、『哀愁出船』です!」と高らかに紹介し、26歳のひばりが着物姿で登場する。”歌謡界の女王”の異名はこの3年前の「哀愁波止場」での第2回日本レコード大賞歌唱賞受賞を機に生まれ、以降生涯にわたってひばりの冠となった。映像では、にこやかにマイクに進み、情感豊かに歌い上げる若き“女王”の姿が眩しい。彼女はこの時、小林旭とのつかの間の結婚生活を送っていた。この回の紅白は視聴率81.4パーセント(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という驚異的な視聴率となった。なお、以降ひばりは第23回まで10回連続で紅組のトリを務めた。

9回目【ラジオ音声収録】「柔」

1964年(昭和39年)/第15回 東京宝塚劇場

対戦相手:三波春夫(2回目) 出演順:25番目/紅組25人中 紅組トリ(5回目)

10回目【映像収録】「柔」(2回目)

1965年(昭和40年)/第16回 東京宝塚劇場

対戦相手:橋幸夫(2回目) 出演順:25番目/紅組25人中 大トリ(6回目)
昭和40年
※第7回日本レコード大賞での初の大賞受賞直後の熱唱
清々しい男装で2年連続となる「柔」を歌い上げた。

11回目【映像収録】「悲しい酒」

1966年(昭和41年)/第17回 東京宝塚劇場

対戦相手:三波春夫(3回目) 出演順:25番目/紅組25人中 紅組トリ(7回目)
昭和41年
※まだ間奏の台詞が入っていない珍しい「悲しい酒」の映像
この年の発売された「悲しい酒」は紅白時点ではまだ1番と2番の間の台詞がなく、“涙唱”でもないことが、今では希少な価値を持つ映像である。

12回目【映像収録】「芸道一代」

1967年(昭和42年)/第18回 東京宝塚劇場

対戦相手:三波春夫(4回目) 出演順:23番目/紅組23人中 大トリ(8回目)
昭和42年
艶を感じさせる30歳。「ひばり」という自分の名が入った自伝的な歌詞をしなやかに、力強く響かせる。

13回目【映像収録】「熱祷(いのり)」

1968年(昭和43年)/第19回 東京宝塚劇場

対戦相手:橋幸夫(3回目) 出演順:23番目/紅組23人中 大トリ(9回目)
昭和43年
大きな蝶をあしらったドレス姿で、愛する人を残して逝く女性の哀切な想いを情感深く包むように歌う。

14回目【映像収録】「別れてもありがとう」

1969年(昭和44年)/第20回 東京宝塚劇場

対戦相手:森進一 出演順:23番目/紅組23人中 大トリ(10回目)
昭和44年
一転して明るく、妖艶ともいえる振りで「別れてもありがとう」を歌唱。背中の開いたあでやかなドレス姿、そしてブルー・コメッツの井上大輔によるサックス演奏とのからみも楽しい。世の中はいざなぎ景気、歌謡界はGSブーム、翌年には万国博覧会(大阪万博)という時代の弾むような空気をはらんだゴージャスな歌唱といえる。

15回目【映像収録】「人生将棋」

1970年(昭和45年)/第21回 東京宝塚劇場

対戦相手:森進一(2回目) 出演順:24番目/紅組24人中 司会:大トリ(11回目)
昭和45年
※史上初の組司会と大トリの兼任
この回で初めての紅組司会を担当。名実ともに紅組のリーダーとして登場。実弟・かとう哲也が作曲した「人生将棋」を歌唱。ひばりにとって忘れられない回となった。

16回目【映像収録】「この道をゆく」

1971年(昭和46年)/第22回 東京宝塚劇場

対戦相手:森進一(3回目) 出演順:25番目/紅組25人中 大トリ(12回目)
昭和46年
長谷川一夫の紹介で登場、自らの半生を歌いこんだ「この道をゆく」を披露する。芸能生活25周年の年の瀬である。

17回目【映像収録】「ある女の詩」

1972年(昭和47年)/第23回 東京宝塚劇場

対戦相手:北島三郎 出演順:23番目/紅組23人中 大トリ(13回目)
昭和47年
※史上初の10年連続紅組トリ(6年連続大トリ)
35歳のひばりは紫の華やかなドレスに身を包み、リズムに乗って迫力満点に歌唱した。

18回目【映像収録】
「ひばりのマドロスさん(2回目)~リンゴ追分~人生一路」

1979年(昭和54年)/第30回 NHKホール

対戦相手:藤山一郎 特別出演
昭和54年
第30回という節目にあたり、藤山一郎と共にスペシャルゲストとして登場。舞台上にずらりと並ぶ出演者の大喝采に迎えられて雛壇を降り、「ひばりのマドロスさん」に始まる3曲のメドレーを歌う。まさに記念大会にふさわしい熱唱であった。
page
top