KAELA 10 years Anniversary

木村カエラ「BEST VIDEO 2」3/4発売!
10 years / 木村カエラ
  • 「10 years」初回限定盤
    【初回限定盤】COZP-933~934 / ¥3,240(税込) ¥3,000(税抜)
  • 「10 years」通常盤
    【通常盤】COCP-38590 / ¥2,700(税込) ¥2,500(税抜)

    ※初回限定盤COZP-933~934のCDと同内容になります。

  • Disc 1 / CD
    1. happiness!!!
    2. Magic Music
    3. リルラ リルハ
    4. Sun shower
    5. You know you love me?
    6. Butterfly
    7. TREE CLIMBERS
    8. ワニと小鳥
    9. STARs
    10. You
    11. dolphin
    12. Level 42
    13. Yellow
    14. リリアン
    15. マスタッシュ
    16. Whatever are you looking for?
    17. Ring a Ding Dong
    18. LOVELY
    19. My Love
  • Disc 2 / DVD (※初回限定盤のみ)
    1. happiness!!!
    2. Magic Music
    3. リルラ リルハ
    4. Sun shower
    5. You know you love me?
      (from GO!5!KAELAND)
    6. Butterfly
    7. TREE CLIMBERS
    8. ワニと小鳥 (from GO!5!KAELAND)
    9. STARs
    10. You
    11. dolphin (from GO!5!KAELAND)
    12. Level 42
    13. Yellow
    14. マスタッシュ
    15. Whatever are you looking for?
      (from GO!5!KAELAND)
    16. Ring a Ding Dong
    17. My Love

WHAT'S NEW

関係者の皆さんからのコメント

tvkコミュニケーションズ 武内和之 様

Whatever are you looking for?
「Level42」のリリースから始まったカエラちゃんの音楽活動ですが、実は、一番最初にレコーディングして完成した曲は「Whatever~」です。なので、とても思い入れがあります。木村カエラ名義のオリジナル楽曲が誕生する瞬間に立ち会える喜びと、自分の本業ではないにも関わらず、本格的にレコーディング~TD~マスタリング作業にまで携わるという、貴重な経験をさせていただきました。カエラちゃんと奇跡的に出会い、彼女が将来について相談してくれなければ、そして、彼女の才能に自分が身勝手に疑問符をつけていたら、きっとこんな大それたことはしなかったでしょうし、今さらながら、彼女との出会いに特別な重みを感じています。あとは…忙しすぎて、ニンニク注射を打ちながらレコーディングに臨んだ日々が今でも忘れられないです。経験も力なり…もう、何でもやります(笑)。初めてストリングスを入れさせていただいた「weak」からこの曲へと流れる1st album『KAELA』での 構成も気に入っています。曲順を考えるのも楽しかったですね。
リルラ リルハ
西海岸系の某ガールズバンドを参考にデモをつくっていただき…それ以降、歌詞に込めた想いの強さで難産の末に完成したこの曲を聴くと、カエラちゃんがすごく頑張っていた当時の事を思い出します。この曲を起用したCMで見せた本人の表情、ライブで披露した時のお客さんの表情など、たくさんの笑顔が浮かぶ一方で、この曲を最後にカエラちゃんの音楽活動と距離を置くことになり、寂しい様な頼もしい様な、何だか複雑な思いがした記憶も相まって、自分にとって今も目頭が熱くなる1曲です。
また、その当時、この曲から始まる2nd album『Circle』の完成音源を聴いた時、“アーティスト:木村カエラ”としての成長と頼もしさを感じました。
TREE CLIMBERS
デビュー当初から英語詞にこだわりをもっていたカエラちゃん。1st album『KAELA』でもそのこだわりを思う存分に発揮してもらった曲が収録されてはいますが、英語詞曲のシングル・リリースまでは実現させてあげることはできませんでした。音楽活動も本格化し始めた頃にリリースされたシングル「TREE CLIMBERS」は、驚きの“ほぼ英語詞”。そして、時代を感じるバンドサウンド…初めて聴いた時、鳥肌が立ちました。「木村カエラとして表現したいロックの理想形はコレ。」と、何だか怒られている様な気分になりました(笑)。ライブ栄えもハンパなく、大好きな曲ですし、この曲や「Magic Music」が収録された3rd album 『Scratch』も大好きです。というわけで、エピソードを交えての3曲セレクトですと、立場上、どうしてもデビューの頃の曲が浮かんでしまいますが、大ヒットの「Butterfly」を筆頭に、多くの人たちに受け入れられた楽曲の数々はどれも大事な子供たち!これからも大切に歌い続けていってほしいと願っています。カエラちゃん、デビュー10周年おめでとう!

會田茂一 様

リルラ リルハ
ボクのデモテープでボクが唄ってるテキトーな仮唄が『り~る~ら~』と聞こえた!!!とカエラちゃんは言ってくれてましたが、ボクには単なる仮唄にしか…とにかくこの歌詞、タイトルがキメテですね☆
とにかくこんなヘンテコリンな曲がリリースになったというのが奇跡!!!と今でも思っていマス♂
Cloudy
自分の曲ばかりでスミマセン…。単純によく聞きたくなる曲なんです。(暗いデスけどね…)アメリカのシアトル辺りに向けた曲なんですが、何故だかロンドンを思い出してしまう感じがEです。

4106xxx 様

Dear Jazzmaster '84
自身で作らせて貰ったという思い出と、そのアルバムもツアーもオープニングで演らせてもらったのも心に残ってます。あのバグパイプで始まるのは自身でも気にいってます。
1115
ギターから始まるリフで心が躍る。カエラ自身のライヴでの表現も大好きで、ライヴの時に盛り上がる曲として心に残ってます。
You know you love me ?
この曲はバンド感のあるサウンドが最高。ライヴハウスで演奏する時は必ずといっていいほど暴れ回ってた思い出。

渡邊 忍 様

Level 42
彼女のデビュー曲ということもあり初期衝動をビンビン感じる1曲です。
Butterfly
ウエディングソングとして個人的にも思い入れのある1曲です。
You
ボクが初めてプロデューサーという役職をいただいた渾身の1曲です。

柏倉隆史 様

リルラ リルハ
僕がカエラバンドに入って初のリハーサルで一番最初に音を出した曲。みんな探り探りで覚束ない感じで音を出したのが今でも印象的でとても良い思い出です。そのリハから今に繋がっているんだなーと改めて思いました。
Circle
僕はこの曲をliveで演奏するのがとても大好きです。カエラちゃんもお客さんも僕らも全部音楽になっちゃう感じがliveをしていて気持ちいいです。何とも云えない幸福感を味わえる1曲です。
ホシノタネ
この曲は311の震災後初めてみんなで集まって音を出した曲だった様に記憶しております。まだ計画停電など日々の生活が不安定で不安な気持ちの中、皆でまた集まれた事が僕にとってとても勇気になったし安堵したのを覚えてます。それと曲のタイトルの相談がカエラちゃんからバンドメンバーにメールがきたんですが震災後の時期も時期のなか携帯の画面に浮かぶ『ホシノタネ』って言葉がとても僕には希望に満ちていて『凄く素敵だと思う!』って返したのも記憶しております。そしたら誰かが「サカタのたね』とか「柿のたね」とか。。。『○○のたねで面白い事云ってみよう!』コーナーになっちゃって皆が夜な夜なクスクス携帯弄ってる姿を思い浮かべたら今の時期を乗り越えようっ!って元気をもらえたそんな思い出が詰まった一曲です。

中村圭作 様

Butterfly
カエラちゃんのお友達の結婚式で初めて演奏させていただいてからというもの、ライブのみならず、紅白歌合戦や数々の結婚式でも演奏させていただき、まさに歌詞の通り「夢のすべてはいつまでもつづく」感をリアルに実感させていただいた神秘的パワーを秘めたナンバーです。
言葉はさんかく こころは四角
突如編曲担当にご抜擢いただき、目は丸く、こころは弾ませながらレコーディングさせてもらったことが走馬灯のように思い出されます。後奏の「さんか~く~しか~く~」というリフレインが我ながらお気に入りのナンバーです◎
Phone
数ある曲の中でも唯一ライブでカエラちゃんとピアノの連弾をするパートがあり、僕の心のphoneも思わず高鳴ってしまうナンバーです。