DISC 1

  1. 菅原洋一 / 知りたくないの
  2. 田代美代子、和田弘とマヒナスターズ / 涙と雨にぬれて
  3. 黛ジュン / 恋のハレルヤ
  4. ザ・ピーナッツ / 恋のフーガ
  5. 西田佐知子 / 恋のかたみは泪だけ
  6. 加藤登紀子 / 恋の別れ道
  7. 園まり / 愛情
  8. ザ・ゴールデンカップス / 愛する君に
  9. 島倉千代子 / 愛のさざなみ
  10. ザ・テンプターズ / エメラルドの伝説
  11. 水原弘 / 愛の芽ばえ
  12. ロス・インディオス / 知りすぎたのね
  13. 黛ジュン / 天使の誘惑
  14. ザ・タイガース / 花の首飾り
  15. ザ・タイガース / 美しき愛の掟
  16. ザ・スパイダーズ / 涙の日曜日
  17. ジャッキー吉川とブルー・コメッツ / それはキッスで始まった
  18. 吉永小百合 / 愛ある限り
  19. 鶴岡雅義と東京ロマンチカ / 君は心の妻だから
  20. 植木等とクレイジー・キャッツ / 酒のめば
  21. 弘田三枝子 / 人形の家
  22. ザ・ドリフターズ / ドリフのズンドコ節
  23. 森進一 / 港町ブルース
  24. 菅原洋一 / 今日でお別れ

DISC 2

  1. 奥村チヨ / 恋の奴隷
  2. ピーター / 夜と朝のあいだに
  3. ミルバ / 愛のフィナーレ
  4. 朝丘雪路 / 雨がやんだら
  5. 石田ゆり / 悲しみのアリア
  6. 浅丘ルリ子 / 悲しみは女だけに
  7. いしだあゆみ / あなたならどうする
  8. 青江三奈 / 昭和おんなブルース
  9. 由紀さおり / 手紙
  10. 都はるみ / 男は黙って勝負する
  11. ザ・キングトーンズ / 暗い港のブルース
  12. ちあきなおみ / 無駄な抵抗やめましょう
  13. ペドロ&カプリシャス / 別れの朝
  14. 坂本スミ子 / 夜が明けて
  15. 小柳ルミ子 / 京のにわか雨
  16. 小川知子 / おんなの夢
  17. 尾崎紀世彦 / 五月のバラ
  18. アン・ルイス / グッド・バイ・マイ・ラブ
  19. グラシェラ・スサーナ / サバの女王
  20. 藤圭子 / 京都ブルース
  21. 布施明 / 愛の詩を今あなたに
  22. 山口百恵 / バラの誘惑
  23. ハイ・ファイ・セット / フィーリング
  24. 細川たかし / 心のこり

DISC 3

  1. 北原ミレイ / 石狩挽歌
  2. 雪村いづみ / ためらい
  3. キャンディーズ / 哀愁のシンフォニー
  4. 江利チエミ / わたしの人生
  5. 杉田二郎 / ANAK(息子)
  6. 黒沢年男 / 時には娼婦のように
  7. 伊東ゆかり / あなたしか見えない
  8. 西城秀樹 / サンタマリアの祈り
  9. 杉良太郎 / めぐり逢いふたたび
  10. 小林旭 / 思いやり
  11. 松平健 / 紙の指輪
  12. 細川たかし / 北酒場
  13. 琴風豪規 / まわり道
  14. 水前寺清子 / あさくさ物語
  15. 五木ひろし / 虞美人草
  16. 島津ゆたか / ホテル
  17. 川中美幸 / 愛は別離
  18. 八代亜紀 / 積木の城
  19. 前川清 / 花の時・愛の時

DISC 4

  1. TOKIO / AMBITIOUS JAPAN!
  2. 佐藤しのぶ / リメンバー
  3. 美輪明宏 / ラ・ボエーム
  4. 森昌子 / バラ色の未来
  5. 氷川きよし / 櫻
  6. 小林幸子 / 星に抱かれて
  7. 中尾ミエ / It's my life ~私の人生
  8. 和田アキ子 / 愛、とどきますか
  9. 石川さゆり / 風の盆恋歌
  10. 北島三郎 / まつり
  11. 石原裕次郎 / サヨナラ横浜
  12. 石原裕次郎 / わが人生に悔いなし
  13. 美空ひばり / さくらの唄
  14. 美空ひばり / われとわが身を眠らす子守唄
  15. 美空ひばり / 終りなき旅
  16. なかにし礼 / 帆のない小舟
  17. なかにし礼 / ハルピン一九四五年
  18. 堤俊作(指揮) / 歓喜の歌・ベートーヴェン交響曲第9番より
tenkai.jpg

左:1987年、石原裕次郎さんの「わが人生に悔いなし」のレコーディングに向けて、歌のレッスンをしに、裕次郎さんを訪ね、ハワイに行ったときの写真。

右:1988年、美空ひばりさんのアルバム「不死鳥」に収録された「われとわれが身を眠らす子守唄」のレコーディングの際に三木たかし先生と撮影した3ショット。

なかにし礼 (なかにし・れい) プロフィール

作家
1938年 中国黒龍江省牡丹江市生まれ。立教大学文学部仏文科卒。
大学在学中よりシャンソンの訳詩を手がけ、1964年『知りたくないの』のヒットを機に作詩家となる。その後もヒットメーカーとして活躍を続け『今日でお別れ』『石狩挽歌』『時には娼婦のように』『北酒場』など約4000曲の作品を創る。
『天使の誘惑』ほかで日本レコード大賞を3回、同作詩賞を2回、またゴールデンアロー賞など受賞歴多数。
その後作家活動を開始、98年に『兄弟』を発表。
次作の『長崎ぶらぶら節』で 2000年1月第122回直木賞を受賞。
満州からの引き揚げ体験を描いた『赤い月』(映画化・テレビドラマ化・ラジオドラマ化)は100万部に迫るロングセラーとなり、文学座にて自らの書き下ろし戯曲で上演され、05年12月『戯曲・赤い月』として出版。
02年『てるてる坊主の照子さん』(NHK連続テレビ小説『てるてる家族』原作)刊行。
03年12月『夜盗』。04年3月『さくら伝説』。05年3月『黄昏に歌え』。
07年1月『戦場のニーナ』。08年3月『三拍子の魔力』。09年12月『世界は俺が回してる』 一方、舞台作品の台本・演出も手がけ、演劇・舞踏・オペラを融合した「世界劇」という新しい上演形式は高い評価を受けている。

なかにし礼作詩家・作家生活50周年お祝いコメント


nakanishi12.jpg
gototopTOP