ディキャピテイテッド / カーニヴァル・イズ・フォーエヴァー商品情報

ディキャピテイテッド / カーニヴァル・イズ・フォーエヴァー

ディキャピテイテッド / カーニヴァル・イズ・フォーエヴァー

[ALBUM] 2011/07/20発売

ディキャピテイテッド / カーニヴァル・イズ・フォーエヴァー

COCB-60011 ¥2,381+税

Nuclear Blast Japan
Nuclear Blast meets Incubator : Nuclear Blast
  • 1.The Knife
    ザ・ナイフ

  • 2.United
    ユナイテッド

  • 3.Carnival is Forever
    カーニヴァル・イズ・フォーエヴァー

  • 4.Homo Sum
    ホモ・サム

  • 5.404

  • 6.A View from A Hole
    ア・ヴュー・フロム・ア・ホール

  • 7.Pest
    ペスト

  • 8.Silence
    サイレンス

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

Rafał Piotrowski  ラファウ・ピオトロウスキ| vocals
Wacław "Vogg" Kiełtyka ヴァトワフ‘Vogg’キエフティカ| guitar
Filip ‚Heinrich‘ Hałucha フィリップ‘Heinrich’ハウハ| bass
Kerim ‚Krimh‘ Lechner ケリム‘Krimh’レフナー| drums

Nuclear Blast Japan

日本コロムビアが満を持して立ち上げる、ハード・ロック&オルタナティヴ専門の洋楽レーベル
≪Incubator(インキュベーター)≫第11弾リリース!


ポーランド出身のバンドとしては破格の世界的成功を手にしていたDecapitated 。そして、バンドを襲った突然の悲劇。一時は解散さえも噂されていた彼らの超待望の新作、通算5作目(Nuclear Blast からは初の作品)となる“カーニヴァル・イズ・フォーエヴァー”、遂に登場。 リーダーであり、バンドの精神的支柱でもあるギター・プレイヤー、Vogg のスーパー・テクニカルなギター・ワークは勿論、新作から参加の新メンバー3人のコンビネーションも完璧。プロデュースはVogg とWacek Kiełtyka、ミキシング・エンジニアにはMalta Arkadiusz Malczewski(アレック・マルチェウスキ)が参加、ドラムスに関してはBEHEMOTH, MESHUGGAH, DIMMU BORGIR, KEEP OF KALESSIN, DEFLESHEDらを手掛けたDaniel Bergstrandがミックスを担当、サウンド面でも新たな進化を遂げている。
また、アルバムで作詞を手掛けているのはSlayer のバイオグラフィ“No Mercy ”を書いたジャーナリストのJarek Szubrycht。新たな栄光に向け、今Decapitated がその牙をむく。


アートワークに関するVogg のコメント:

“タイトルに象徴されているカーニヴァルというのは戦争、レイプ、嘘、病気といった、世界がここ数年で直面している害悪のことで、それは永遠に続くという意味だ。2つの単語、そしてアルバム・タイトルは苦々しいくらいに皮肉な意味合いを持っている。アートに関して言うなら、メタル・アルバムにしてはとても意味深く、奇妙だけど、同時に凄く印象に残る。これは写真なんだけど、今回に関してはCGや人工的なもの、プラスティックな感じを排除した。プロダクションに関しても同様の試みで挑んでいるんだ。実は、タイトルにちなんだ絵画を用意しようかと思ったんだけど、今回は時間がなかった。次回作で挑戦かな。”


DECAPITATEDの現在のラインナップは: Wacław "Vogg" Kiełtyka (ヴァトワフ‘Vogg’キエフティカ/ G) , Kerim "Krimh" Lechner (ケリム‘Krimh’レフナー / Dr / Thorns Of Ivy, Tone Intimacy) , Rafał Piotrowski (ラファウ・ピオトロウスキ/ Vo / Ketha, Forgotten Souls) Filip "Heinrich" Hałucha (フィリップ‘Heinrich’ハウハ/ B / Vesania, Rootwater, Unsun, Masachist) となっている。


バイオグラフィー:

ポーランド南東の街、 Krosnoで結成。97年、98年にそれぞれ' Cemeteral Gardens' 、' The Eye of Horus 'というデモをリリース、その後すぐにEarache Records との契約を手に入れる。当時、弟のWitold ' Vitek ' Kieltyka(ヴィトルド' Vitek ' キエフティカ)は12歳、兄のWaclaw ' Vogg ' Kiełtyka も15歳というその後のサクセス・ストーリーからは信じられないような若さだった。また、同じジャンルの中で彼らとの比較対象となるバンドが非常に少なかったのも彼らの特質である。オリジナル・メンバー4人はそれぞれが数年間音楽学校に通い、理論、演奏をマスター。特にVogg はポーランド国内でも屈指の音楽学校で教育を受け、多くの楽器を習得、中でもアコーディオンを得意にしていた。メンバーそれぞれが、その素養を激しくぶつけあって完成したのがDecapitated の音楽性だったのである。

2000年5月にデビュー・アルバム' Winds of Creation 'をリリース、Wojciech ' Sauron ' Wasowicz (ヴォイチェク' Sauron ' ヴァソヴィッツ vocal) 、 Vogg (guitar) の2人は当時18歳、Marcin ' Martin ' Rygiel (マーシン ' Martin ' リギエルbassist)は16歳、 Vitek (drummer )はまだ15歳。 2002年に' Nihility ' をリリースした辺りから、ようやくプレスは彼らの存在を強く意識し始め、世界各国でレヴューされるようになる。そのあまりの若さから彼らを真剣に受け止め取られない人々もいたのだが、 結果的に' Nihility ' は彼らの名前を一気に知らしめた。 もう一点興味深いのが、death metal シーンに属さないアメリカのバンドがDecapitated の名前をお気に入りとして挙げ始めた点である。評論家の中には彼らの初期の名曲' Spheres of Madness '(アメリカではPV がMTV2 で大量にOAされた。クライブ・バーカーのホラー作品“Hellraiser”にインスパイアされている)こそ、death metal のアンセムそのものであり、その後のメタル・シーンの活性化、またdeathcore など、さまざまなジャンルの勃興に寄与したと語るものもいた。

Death metalというジャンルが一時的にその創造力を失い、そのピークを過ぎたと思われていた時期でさえ、Decapitatedは常にその斬新さで注目を浴び続けていた。エクストリーム・ミュージックの境界線をつねに越えようと努力し、斬新に進化を続ける一方、極めてトラディショナルな影響はそのまま残っていたため、いわゆるmodern death metal の中のアヴァンギャルドな存在として、彼らの地位は揺るぎないものとなって行く。' The Negation' (2004) と ' Organic Hallucinosis ' (2006)を立て続けにリリースした頃には、新たにこのジャンルに触れたティーン、そしてオールド・スクール・ファン、双方からの支持を得るようになった。その頃にはFear Factory, Hypocrisy, Enslaved, Suffocation, Nileらとのツアー、OzzFest では、Ozzy Osbourne、 Tool 、 Slayer らとも共演、さらには北米で開催された第1回Summer Slaughter Tourでのヘッドラインを務めるまでに成長を遂げたのである。

しかし、すべての活動にピリオドが打たれる日が突然に訪れた。2007年10月28日。ロシアとベラルーシ国境近くの街、Gomel を走行中の彼らのツアー・バスが木材輸送中のトラックと衝突。11月2日に Vitek はロシア市内の病院で死去。享年わずか23歳。また、 ヴォーカルのAdrian ' Covan ' Kowanek(アドリアン' Covan ' コヴァネック / 2005年Sauron に代わり加入)はこん睡状態に陥り、現在も寝たきりの状態となってしまう。ロシア・ツアー直前にMartin はバンドを去ってしまっていたため、オリジナル・メンバーは Vogg のみとなる。
それから数年間、Vogg は過去の悪夢と戦う一方、Vitek 、Covan 不在のままDecapitated を続けることが正しいのか自問を繰り返していた。しかし、最終的に弟が 人生の大半をそれに費やし、自らもエネルギー、熱意を注ぎ込んだバンドを眠らせる事はできないという結論に達し、Decapitated はその第2章をスタートさせる。 幸運にもVogg はバンドの立て直しに充分なアーティストを見つけることに成功する。それがKerimh ' Krimh 'Lechner (drums), Rafał Piotrowski (vocal) そして Filip ‚Heinrich‘ Hałucha (bass)の3人だった。2010年1月以降、既にこのラインナップにより100本以上のギグを行い、イギリス、オーストラリア、アメリカ、ポーランドではヘッドライン・ツアーを開催、Behemoth, Exodusとのヨーロピアン・ツアーも経験している。 中でもハイライトとなったのが北米でのSummer Slaughter ツアーでの経験だったという。ツアーに参加したバンドの殆どがDecapitated からの影響を公言し、彼らの音楽を聴いて育ったということを認めたのである。

そして、2011年。世界中が注視する中、Decapitated の新作“Carnival is Forever”がNuclear Blast からリリースされる。' Decibel Magazine ’が選出した“今年最も期待されるアルバムBest 25”にもノミネートされた作品が遂にそのヴェールを脱ぐ。もう、誰にも止められない。思いを胸に。

乗り越えろ、悲しみを。踏み潰せ、苦しみを。掴み取れ、栄光を!!

Decapitated online:
http://www.myspace.com/decapitated