高価なクリスタルCD(ガラスCD)に用いられた高度な技術を長年の研究の末に通常CDに応用することに成功、究極の音質を再現するCDが誕生しました。
DENONレーベル選りすぐりの名演・名録音をこれまでにない高音質CDでお楽しみください。
もちろん通常のCDプレイヤーで再生できます。

通常のCDはインジェクション(射出成形)方式によって製造されています。インジェクション方式とは、ピットが記録されたスタンパーを装着したプレス金型に高温で溶けたポリカーボネート樹脂を高圧で注入して、基盤と信号ピットを同時に一体成形する方法で、成形時間が短く生産性の高い方法です。それに対して、クリスタルCD(ガラスCD)では、2P(ツーピー)成形法と呼ばれる成形技術が用いられています。 平坦なガラス円盤の上にフォトポリマー(紫外線硬化樹脂)の液体を塗布したところにスタンパーを乗せて、露光により樹脂を固めて信号ピットを転写成形する方法です。2P成形法はスタンパーに記録されたピットを高精度に転写することが可能で、音質的には非常に高い評価が得られているのですが、ガラス基板が高価なことに加え製造工程数が多いため、とても高価なものになってしまっていました。 UHQCDはクリスタルCDの経験に基づいて、より高効率なポリカーボネートベースの2P成形法を導入することにより誕生しました。まるでハイレゾのようなスピード感のある中高域、クリアで立体感のある音像、従来のCDと比べて非常に鮮度の高い音質が得られています。 (日本コロムビア・スタジオ技術部エグゼクティブ・エンジニア 斉藤徹)

Ultimate
高音質CDの決定盤Ultimate Hi Quality CD UHQCDとは
  • 新開発の製法により、従来の高音質ディスクよりさらに原盤に忠実な音を再現。
  • CD規格に準拠。全てのCDプレーヤーでお楽しみいただけます。
  • 最高性能のクリスタルディスクに迫る高音質を手軽にお楽しみいただけます。
新製法の微細ピット転写技術と反射膜に特殊合金を採用することで、HQCDよりさらにUHQCDの方が反射率が高くなり、 ディスクのピット情報の読取精度が飛躍的に向上しています。 CDのピット情報を読み取った「HF波形」を観察してみてもUHQCDの方がより振幅が大きくなり、短ピットから最長ピットまでを示す「波形の網目」をより鮮明に観ることができます。 これは、カッティングスタンパーに対して、より忠実に複製され、且つ読取精度が向上していることを意味しており、マスタークオリティに極めて近いサウンドを再現しているものと考えています。    
※音質の比較の差は再生環境に影響されます。
素材の比較

サンプラーCD

UHQCDの世界 DENON
クラシック・ベスト
聴き比べ用サンプラー
COCQ-85308
2016/12/21発売 COCQ-85308-9 ¥926+税

What's New

2017/02/22
特設サイトオープン!