日本コロムビアの海外展開ブランドである「NIPPONOPHONE/ニッポノホン」のご紹介

「ニッポノホン/NIPPONOPHONE」とは?
「ニッポノホン」とは 、日本コロムビア株式会社の前身である日本蓄音器商会が 会社設立の1910年(明治43年)当初から使用していたブランド名で、 蓄音器の名称やレコードのレーベル名として使用されていました。

蓄音器としては、会社設立の1910年に発売された「ニッポノホン25号」 「同32号半」「同35号」「同50号」とその名を関した機種を次々と発売し、 世の中に多くのスターや数々のヒット曲を送り出すきっかけを作っていきました。

またレコードのレーベル名としては、1910年(明治43年)から1932年(昭和7年)の20年以上に渡り使用され、 “大仏が蓄音器に耳を傾ける”非常に印象的なデザインのレコードスリーブ(1920年~1928年使用)や、 当時としては最先端のモダンデザインであった“ワシ印”のセンターレーベルなどと共に、 多くの音楽ファンに愛される存在として成長していきました。

このように「ニッポノホン」は、 明治から大正、昭和初期にかけての日本の近代化の歩みと共に 日本の音楽文化の発展と普及を支え、またその歴史を見守り続けていました。

現在の「NIPPONOPHONE/ニッポノホン」

そして現在においては、
そんな非常に長い歴史を持つ「NIPPONOPHONE」ブランドを復活させ、
当社商品の海外展開時におけるブランド・レーベル名として使用を再開しています。

日本コロムビアは「NIPPONOPHONE/ニッポノホン」ブランドを通じて、
今後グローバル事業展開をより一層強化・発展させてまいります。

オリジナルグッズ制作/販売

なお当時の「ニッポノホン」のレコードセンターレーベルのデザインを復刻したオリジナルグッズも制作、販売しています。

ニッポノホントートバッグ▼

ニッポノホントートバッグ

LPレコードを持ち運ぶのに最適なサイズのトートバッグ
【ニッポノホンレコードスリーブ復刻デザイン】

ご購入はコチラ

ニッポノホン風呂敷▼

ニッポノホン風呂敷

LPレコードを持ち運ぶのにも最適なサイズの風呂敷
【ニッポノホンレコードスリーブ復刻デザイン】

ご購入はコチラ