原田慶太楼 / 指揮者Danzón(ダンソン) 〜コープランド、バーンスタイン、ウォーカー、ピアソラ、マルケス〔UHQCD〕

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

原田慶太楼 / 指揮者

Danzón(ダンソン) 〜コープランド、バーンスタイン、ウォーカー、ピアソラ、マルケス〔UHQCD〕

[ALBUM] 2021/06/23発売

Danzón(ダンソン) 〜コープランド、バーンスタイン、ウォーカー、ピアソラ、マルケス〔UHQCD〕

COCQ-85527 ¥3,300 (税抜価格 ¥3,000)

※高音質CD「UHQCD」採用

直営ショップで購入

  • 1.Leonard Bernstein : ‘Three Dance Episodes’ from ‘On the Town’
    バーンスタイン:《オン・ザ・タウン》から《3つのダンス・エピソード》
    I. The Great Lover Displays Himself

  • 2.Leonard Bernstein : ‘Three Dance Episodes’ from ‘On the Town’
    バーンスタイン:《オン・ザ・タウン》から《3つのダンス・エピソード》
    II. Lonely Town: Pas De Deux

  • 3.Leonard Bernstein : ‘Three Dance Episodes’ from ‘On the Town’
    バーンスタイン:《オン・ザ・タウン》から《3つのダンス・エピソード》
    III. Times Square: 1944

  • 4.G・ウォーカー:弦楽のための叙情詩
    George Walker : Lyric for Strings

  • 5.ピアソラ:タンガーソ(ブエノスアイレス変奏曲)
    Astor Piazzolla : Tangazo(Variations on Buenos Aires)

  • 6.コープランド:バレエ組曲《アパラチアの春》
    Aaron Copland : Appalachian Spring
    I. Very slowly

  • 7.コープランド:バレエ組曲《アパラチアの春》
    Aaron Copland : Appalachian Spring
    II. Allegro

  • 8.コープランド:バレエ組曲《アパラチアの春》
    Aaron Copland : Appalachian Spring
    III. Moderato 〈新郎新婦〉The Bride and her Intended

  • 9.コープランド:バレエ組曲《アパラチアの春》
    Aaron Copland : Appalachian Spring
    IV. Fast 〈信仰復活論者とその信徒たち〉The Revivalist and his flock

  • 10.コープランド:バレエ組曲《アパラチアの春》
    Aaron Copland : Appalachian Spring
    V. Allegro 〈花嫁のソロ・ダンス〉Solo dance of the Bride

  • 11.コープランド:バレエ組曲《アパラチアの春》
    Aaron Copland : Appalachian Spring
    VI. Meno mosso

  • 12.コープランド:バレエ組曲《アパラチアの春》
    Aaron Copland : Appalachian Spring
    VII. Doppio movimento 〈シェイカー教徒の賛美歌による変奏曲〉Variations on a Shaker Hymn

  • 13.コープランド:バレエ組曲《アパラチアの春》
    Aaron Copland : Appalachian Spring
    VIII. Moderato - Coda

  • 14.マルケス:ダンソン第2番
    Arturo Márquez: Danzón no.2

購入する

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

原田慶太楼指揮 NHK交響楽団  録音:2020年11月25、26日 サントリーホール


今国内で最も注目を集める指揮者・原田慶太楼。
アメリカとロシアで指揮法を学んだ後、20歳の時にモスクワ交響楽団でラフマニノフの交響曲第2番を指揮して、プロ・デビュー。その後アメリカに戻り、ロリン・マゼールに師事、またレヴァインのアシスタントを務め、アリゾナ・オペラのアソシエート・コンダクター、名門シンシナティ交響楽団のアソシエート・コンダクターなどのポジションを歴任し、2020年から、アメリカジョージア州サヴァンナ・フィルハーモニックの音楽&芸術監督に就任しています。
2017年には、ブルガリア国立歌劇場で「カルメン」を指揮して、ヨーロッパ・オペラ・デビューを果たし、同歌劇場の来日公演も指揮して、日本でのオペラ・デビューを飾りました。
昨年コロナ禍で、国内でも急速にプレゼンスを高め、弱冠36歳の若さながら、今や、国内の主要オーケストラ から引っ張りだこの人気となり、21年4月には東京交響楽団の正指揮者に就任。
彼の本格的デビュー録音となる当作品は、長くアリゾナを拠点に活動していた原田慶太楼にとって、得意中の得意ともいえる、アメリカとメキシコで書かれた作品を集めたもの。ダンスのリズムを取り入れ、アメリカらしい情熱が感じられる名曲ばかりです。
作曲家も、アメリカ音楽のメインストリームといえる、コープランド、バーンスタインから、黒人作曲家のウォーカー、ニューヨークに住んでいたアルゼンチン人のピアソラ、メキシコのマルケスと、アメリカの多様性を象徴するようなラインナップになっています。
NHK交響楽団の精緻なアンサンブル力と、原田慶太楼の躍動感溢れる音楽が相乗効果を生んだ、アメリカクラシックの名演集といえるアルバムです。


■高音質CD「UHQCD」

UHQCD