原田慶太楼 / 指揮者火の鳥(全曲版)〔UHQCD〕

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

原田慶太楼 / 指揮者

火の鳥(全曲版)〔UHQCD〕

[ALBUM] 2022/08/24発売

火の鳥(全曲版)〔UHQCD〕

COCQ-85591 ¥3,300 (税抜価格 ¥3,000)

※高音質CD「UHQCD」採用

直営ショップで購入

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」全曲 (1910年版)
I. Stravinsky : “L'Oiseau de feu” ballet (1910 Edition)

ショパン(ストラヴィンスキー編):夜想曲 変イ長調 作品32-2 (管弦楽版)
F. Chopin (arr. Stravinsky) : Nocturne A-flat Major Op. 32-2 (Orchestral Version)

購入する

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

原田慶太楼指揮 NHK交響楽団
録音:2022年1月15, 16日 東京芸術劇場
Recorded on 15&16 May 2022 at Tokyo Metropolitan Theatre Concert Hall


NHK交響楽団から圧倒的な熱量を引き出し、音の饗宴を繰り広げる
NHK交響楽団との組み合わせで、南北アメリカを中心とした作品を録音した2枚のアルバムをリリースした原田慶太楼が、アメリカものと並んで得意とするロシアものを取り上げました。
ストラヴィンスキーの3大バレエのひとつ「火の鳥」ですが、よく演奏される組曲版ではなく、1910年に初演された全曲版を取り上げ、より物語性を重視しています。
全曲版は、ブーレーズ/ニューヨーク・フィル、小澤/パリ管、ゲルギエフ/マリンスキー歌劇場管、デュトワ/モントリオール響などの録音が有名ですが、今回の原田/N響による演奏は、近年のN響の勢いを感じさせる、卓越した演奏力とエネルギーが感じられる名演となりました。
東京芸術劇場の余裕のあるアコースティックも相まって、オーディオファンにもアピールできる優秀録音と言えるでしょう。
■高音質CD「UHQCD」

UHQCD