幸田浩子優歌(ゆうか) 〜そばにいるうた、よりそううた〔UHQCD〕

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

幸田浩子

優歌(ゆうか) 〜そばにいるうた、よりそううた〔UHQCD〕

[ALBUM] 2017/11/22発売

優歌(ゆうか) 〜そばにいるうた、よりそううた〔UHQCD〕

COCQ-85388 ¥3,000+税

※高音質CD「UHQCD」採用

購入する

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

ヨーロッパの名門歌劇場にも認められた輝かしい歌声が魅力のオペラ歌手幸田浩子。
次のアルバムは、時代が変わっても色あせることのないJ-POPの名曲をカバーします。
70年代から今世紀にかけての世代を超えて歌い継ぎたい名曲の数々を選曲。
作品の歌詞(言葉)に魅せられた幸田浩子が新たな言霊を吹き込み歌います。
多くのアーティストがカバーをしている中島みゆきの「糸」を始め、国民に愛され、歌われ続けている名曲を幸田のまろやかで美しい歌声と表現力、そして色彩豊かなアレンジで綴ります。
歌のもつ意味を改めて感じさせてくれる1枚になるでしょう。

01.ハナミズキ(一青窈/2004年)
02.LOVE LOVE LOVE(DREAMS COME TRUE/1995年)
03.奇跡〜大きな愛のように〜(さだまさし/1991年)
04.for you...(高橋真梨子/1992年)
05.いい日旅立ち(山口百恵/1978年)
06.糸(中島みゆき/1998年)
07.たしかなこと(小田和正/2005年)
08.グリーン・ティー・ファーム(上原ひろみ/矢野顕子/2003年)
09.もしもピアノが弾けたなら(西田敏行/1981年)
10.明日への手紙(手嶌葵/2014年)
11.瞳がほほえむから(今井美樹/1989年)
12.翳りゆく部屋(荒井由実/1976年)
13.未来へ(Kiroro/1998年)

幸田浩子(ソプラノ)
ピアノ:藤満健(Tr-4,5,6,11,12)、内門卓也(Tr-1,8,9,13)、Momo(Tr-7,10)
ヴァイオリン:西江辰郎(Tr-1,3)、白井麻友(Tr-1,3)、ヴィオラ:脇谷冴子(Tr-1,3)、
チェロ:川上徹(Tr-1,3,8,11)、コントラバス:片岡夢児(Tr-3)
ギター:大萩康司(Tr-2)、ベース:工藤精(Tr-7)

録音:2017年8月28日、31日、9月4日 prime sound studio form


思い返すといつも私の人生は歌と共にありました。 そして皆さまの甘酸っぱい青春の一コマや、切なく眠れない夜にも、きっと歌がよりそっていてくれたことだと思います。
このアルバム誕生のきっかけとなったのは、中島みゆきさんの『糸』という歌です。
〜縦の糸はあなた、横の糸はわたし、
織りなす布は いつか誰かを温めうるかもしれない〜
この歌を聴いて生まれた感情を、皆さまと共鳴したくなりました。
曲選びに悩んでいる際には、たくさんの方々が、ご自身と歌との、すてきなエピソードを語ってくださいました。初恋や、失恋や、学生時代や、今の自分....。
同時代に生まれ、育っていく、皆さまの想い出も内包した、雄大で愛しい歌たちが、結びつき、集いました。
信頼する音楽仲間が、それぞれの想いを込めた光を曲に当ててくださり、かけがえのないセッションが実現し、わたし自身、その歌に、詞に、音楽に、仲間に、この瞬間に、たくさんのエネルギーをいただきました。
アルバム誕生に携わってくださった全ての方々に感謝いたします。
「明日はきっと、よりすてきな日でありますように」と願いつつ、明日の貴方にこの歌たちをお送りいたします。

幸田浩子

アルバム『優歌』に収録されている「明日への手紙」の作詞・作曲家の池田綾子さんよりコメントが届きました!
幸田浩子さんの歌声は、星空のようだと思いました。
心の中にある祈りをその先へ運ぶ星のように、
言葉にならない想いが、音楽の結晶となって心に降り注ぎます。
ClassicとPops。その境目は優しく溶けてゆき、
広く、温かい世界の中で、聴く人を包み込むのです。
今回「明日への手紙」に心を寄せていただき、本当に光栄でした。
この曲の中にもまた、流れ星のような輝きを見つけました。
たくさんの方々の心に、その星空が広がることを祈りながら。

池田綾子


■高音質CD「UHQCD」

UHQCD