麻衣BEAUTIFUL HARMONY

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

麻衣

BEAUTIFUL HARMONY

[ALBUM] 2022/04/20発売

BEAUTIFUL HARMONY

COCQ-85580 ¥3,300 (税抜価格 ¥3,000)

麻衣 with リトルキャロル
  • 1.ひこうき雲(映画「風立ちぬ」主題歌)
     作詞・作曲/荒井由実

  • 2.風のとおり道(映画「となりのトトロ」より)
     作詞/宮崎駿 作曲/久石譲

  • 3.ひまわりの家の輪舞曲(映画「崖の上のポニョ」より)
     作詞/宮崎駿 作曲/久石譲

  • 4.いのちの歌(NHK連続テレビ小説「だんだん」より)
     作詞/Miyabi 作曲/村松崇継

  • 5.The Prayer
     作詞/Carole Bayer Sager 訳詞/吉元由美 作曲/David Foster

  • 6.わたしの光(NHKおじゃる丸スペシャル「わすれた森のヒナタ」主題歌)
     作詞/麻衣 作曲/村松崇継

  • 7.君をのせて(映画「天空の城ラピュタ」より)
     作詞/宮崎駿 作曲/久石譲

  • 8.Sleeper’s Prayer
     作詞・作曲/David Lang

  • 9.聖フランシスの祈りの歌
     作詞者不詳 日本語詞/麻衣 作曲/Sebastian Temple

  • 10.たがいによろこび God Rest You Merry, Gentlemen 聖歌128番
     作詞者不詳

  • 11.Stand Alone(NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」エンディング曲)
     作詞/小山薫堂 作曲/久石譲

購入する

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

編曲:篠田大介(1,2,3,4,5,8,9,11)、村松崇嗣(6)
コーラス編曲:麻衣(3,6,7,9,11)、篠田大介(1,2,4,5)


ジブリ作品への参加でも知られるヴォーカリストの麻衣が音楽監督を務める、女性のみのコーラスグループ、リトルキャロル。
その一体感のあるハーモニーは、各地のイベントなどで好評を博しています。
現在、感染症や気候変動など、様々な状況の中で、分断され、傷つけられた人々の心を癒やす究極のハーモニーを届けるために、麻衣が、リトルキャロルをフィーチャーして新たにプロデュースしたアルバムが、この「Beautiful Harmony」です。
日本を代表する作曲家である久石譲や村松崇嗣が紡ぎ出した心に残るメロディーなど、全11曲を集め、麻衣の透明感溢れる声とリトルキャロルの美しいハーモニーが、ポストクラシカルな世界を奏でるアルバムです。
アルバムに寄せて

ウィルスが世界を震憾させてから、3年目になる2022年、まだまだ終わりがみえない日々のなかで、このアルバム制作はわたしの光となりました。

このアルバムの大きな鍵は、女声合唱リトルキャロルです。私は5歳からNHK東京児童合唱団で合唱の基礎を学び、卒団後、同級生たちとこの合唱団を立ち上げました。今年で活動26年目になります。合唱団時代を合わせると、38年も一緒に歌い続けている人たちもいます。26年間、ほぼ毎週練習を続けてきた仲間との絆や歴史は、私のかけがえのない財産です。
合唱は、どれだけ個人を消せるかが勝負、一方で自分が輝ける場所を探していくという、追求するときりがない世界で、だからこそ、この感覚を持ち合わせている同じ感性の人たちと、この長い間合唱を続けて来られていると思います。

この何年間で失われてしまっているのは、喜びの感情と誰かと一緒に時間を過ごすことだと思います。毎日、懐かしい場所を探しているような気分になりました。
なので、、、1人でいる時でも、誰かのことを思って、どこか懐かしさを感じられるアルバムにしたいと思いました。

どんなことが起こっても、世の中には素敵なことがたくさんあり、いつでも帰って来られる場所がある、そう思えることがどんなに幸せだろう、と思います。私にとってはそれがリトルキャロルであり、その喜びが、このアルバムを通じて、みなさまに少しでも伝われば、こんなに嬉しいことはありません。

麻衣 2022年春

リトルキャロル
リトルキャロル

1996年、現NHK東京児童合唱団の卒団生により結成された女性コーラスグループ。
現在、約30名のメンバーで構成され、ポップスとクラシックが融合した独自の世界観を築き上げている。
クリスマスシーズンを中心に数々のコンサートやイベントに参加しており、日本ユニセフ協会主催のチャリティイベント「ハンド・イン・ハンド」、久石譲&新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラのコンサート、六本木ヒルズアリーナで行われている「クリスマスコンサート」に出演など、さまざまな舞台で幅広く活動している。単独コンサートも行っており、2006年は東京オペラシティコンサートホールにて、2009年からは紀尾井ホールにてクリスマスコンサートを開催し、26周年になる今年も、10月にコンサートを予定している。

これまでワンダーランドレコードより3枚のアルバムを発売。全音楽譜出版社より日本語で歌える女声合唱作品「女声合唱とピアノのためのくるみ割り人形」の楽譜もリリース。
メンバーは多岐分野で活躍する逸材が集結したバラエティにあふれる顔ぶれ。“歌うこと”に出会っていなければ接点がなかったかもしれない仲間たちが集結し、“歌う喜び”を感じながら日々練習に励んでいる。