UNKNEW BUT DID NOT KNOW

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

UN

KNEW BUT DID NOT KNOW

[ALBUM] 2004/10/20発売

KNEW BUT DID NOT KNOW

COCP-50815 ¥3,000+税

  • 1.THEME

  • 2.CRY MY HEART

  • 3.CALL ME

  • 4.DUST IN MY HEAD

  • 5.I'M NOT LIKE YOU

  • 6.THINGS

  • 7.BLUE TURN

  • 8.MAKE YOU HAPPY

  • 9.NONE KNOWS

  • 10.BACK HOME

  • 11.YOU USED TO COLD TO ME

  • 12.CARE FOR YOU

  • 13.THEME

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

I'm Not Like You!...
これほどまでに、リアルかつ痛々しさを感じさせながら、でも、それでも、かように美しすぎる言葉を僕は知らなかったのである。
伝説という名のもと、そこに安住するのか。
はたまた伝説から抜け出し、あるいはそれを極限までに破壊して、現実という名の過酷なフィールドに戻ってくるのか。
いずれにせよシビアでヘヴィーな選択であったことと思う。

大江慎也.....言わずと知れた、ジャパニーズ・ロック・シーンに於ける孤高のカリスマ・バンド、ザ・ルースターズの初期のリーダー、フロントマン、ヴォーカリスト、ギタリスト、そしてコンポーザーだった男である。
当時から彼が描いてきた、歪んだ軌跡は、今ではもう神話の域に達しつつあるといえるかもしれない。
そんな大江が今回、ニュー・バンド、UN(アン)を率いて、実に15年近くの沈黙を破り、前線復帰を果たしたのだ。

かくいう僕にしても、そのニュースを初めて知った時、いささかの戸惑いを覚えたこと、この際だから、正直に吐露してしまおう。
はっきりいって、伝説は伝説のまま終わるほうが美しい。
なぜなら、現実には、そこにいなにもないからこそ、美化も出来るし、己の過去も投影できるのだから。
たとえばシド・バレットなんて、その最たる部類のアーティストだろう。

大江が再び音楽活動を再開する予兆は確かにあった。
2003年春リリースの、盟友ロックンロール・ジプシーズのファースト・アルバムへの詞作提供、発売記念ライヴへの飛び入り参加...etc,etc。
しかし、ここまで急転直下で、大江がバンドを組み、レコード・リリースすることなんて、おそらく誰も予想だにしていなかったはず。
それほど、急スピードで事は運んだのである。

ちなみに、2003年秋に結成された、このUN(アン)のグループ名の由来は、UNITED NATIONSの略だそうだ。
メンバーは、大江慎也(Vo/G)、元ロッカーズの鶴川仁美(G)、そして小串謙一(B)、さらには元サンハウスの坂田“鬼平”紳一(Ds)からなるラインナップで、すでに九州でのデビュー・ライヴ後、渋谷O-East、そして大阪と東京で開催のイヴェント“Magic Rock Out”などで、徐々にその全貌を現してきた。

そして、今回、コロムビアミュージックと契約、ファースト・アルバム『KNEW BUT DID NOT KNOW』リリースとなったわけだ。

それにしても、どうだろう、このアルバム。
きっと、多くのリスナーの方は、ルースターズの残照を求めるかもしれない。実際に、そういった箇所もあったりするのだから。
とはいえ、これは21世紀という今現在の時代に呼吸している大江、鶴川、小串、坂田...
そのブランド・ニュー・ロックンロールに他ならないのだ。
ロックンロールなんて言葉使っちゃったけど、それだけで片付けて欲しくない。
それこそ、サイケ、ノイズ、アヴァンギャルド、ヒーリング、いずれもがUNという体内の中で咀嚼され昇華された、
まさにUNならではのサウンドに仕上げられているのだ。
大江は言う、“UNの音楽は、あるようで実はどこにもない、Only Musicなのだ”と。

それを受け、僕は、個々のナンバーについての論評は、ここでは、あえて避けることにしようと思うのだ。

そう、UNのサウンドというのは、踊れる音楽でありつつ思索できる音楽である。それに疑いを挟む余地はない。
彼らが歌い奏でるのはラヴ&ピースな音楽である。
しかしながら、とてもラジカルでアグレッシヴ、呪術的なまでのラヴ&ピースなのだ。

ともあれ大江は戻ってきた。様々な季節を経て、ようやく、この時は来たのである!

すべてを忘れろ! すべてを白紙に! すべてを捨てろ! そして、UNの音楽にあわせて、とことん踊りまくれ! 

そう、結局のところ、あなたはあなたでしかない。僕とも彼とも彼女とも違うのだ。もちろん大江慎也とも。
I'm Not Like You...大江が歌ったこのフレーズを、あなたがおぼろげながらも理解しえた瞬間、あなたはあなた自身の主人公になるに違いない。

さて、次の季節には、大江たちはどのような景色を見せてくれるのだろうか? 
いや、今はそんなこと考える必要もないだろう、UNの極上のロック・サウンドをバックに、そう、とことん踊りまくれ!


小松崎 健郎/Takeo Komatsuzaki