KOHHプロフィール

PROFILEプロフィール

KOHH

KOHH

KOHH(コウ) 東京都生まれ

独特な歌詞表現、思ったことを そのまま 歌詞にしているかのような「適当」な音楽スタイル。
2013年11月、全くの無名の状態から処女作 「YELLOW T△PE(イエローテープ)」を リリース。
収録曲「JUNJI TAKADA」が高田純次氏のラジオ番組「高田純次の毎日がパラダイス」で紹介され一躍話題に。
同じく収録曲の「FAMILY」 では幼少期の公団住宅での暮らしを歌い、その独特な生い立ちも注目される。
2014年2月、世界30ヵ国以上に支部を持つユース向けデジタルメディア、VICEで特集される。
日本人HIP HOPアーティストとしては初。
2014年7月、自身初のアルバムとなる2ndアルバム「MONOCHROME」をリリース。
iTunesのランキングではHIP HOP / RAP部門1位、総合6位(初登場)と新人としては異例。
2014年10月、メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京では落合宏理氏が手掛けるファッションブランドFACETASM(ファセッタズム)のモデルとして参加。
2015年1月に自身2枚目のアルバムとなる 1stアルバム「梔子(くちなし)」をリリース。
iTunes総合アルバム・チャート1位、HIP HOP / RAPチャート1位を記録する。 韓国のアーティストKeith Ape − It G Ma (feat. JayAllday, Loota, Okasian, KOHH)に客演参加。
ミュージックビデオが世界的に広まり公開から1ヶ月で100万再生を記録した。 (2019年1月現在約6300万回再生)。
2015年10月、自身3枚目となるアルバム「DIRT」を発売。
iTunes総合アルバム・チャート2位、HIP HOP / RAPチャート1位を記録する。 収録曲全13曲のミュージックビデオを作製し映画館で発表するなど斬新なプロモーションも注目を呼んだ。
HIP HOPアーティストの枠にとどまらず、ファッション・アイコンとしても支持を集めるなど世界的に注目される存在へと急成長をみせている。