三橋貴風プロフィール

PROFILEプロフィール

三橋貴風

三橋貴風

東京に生まれる。
琴古流尺八を佐々木操風氏に、普化尺八古典本曲を岡本竹外氏及び郡川直樹氏に師事。

1980年「三橋貴風第一回尺八リサイタル」により文化庁芸術祭優秀賞を、1981年大阪文化祭賞を受賞し、1989年にソロリサイタルにより文化庁芸術祭賞を受賞。
1991年、NYカーネギーホールの100周年記念公演に東京都交響楽団と共にソリストとして出演。
1992年、第10回中島健蔵音楽賞を、ソロCD「竹林奇譚」により文化庁芸術作品賞を、また横浜文化賞奨励賞を受賞。
1994年、大野和士指揮東京フィルハーモニー交響楽団のヨーロッパ公演にソリストとして参加し、ロンドンのロイヤル・フェスティヴァルホールをはじめヨーロッパ各地での公演で絶賛を博した。
1996年、第8回飛騨古川音楽大賞奨励賞を受賞。
2009年、文化庁文化交流使を務める。同年、「三橋貴風 尺八本曲 空間曼陀羅 恨(ハン)の軌跡」により文化庁芸術祭大賞を受賞。
2010年、文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。同年、横浜文化賞を受賞。
2011年、紫綬褒章受章。
2012年、「歌会始」に参列。
2014年、3枚組ソロCD「所傳 三谷清攬 三橋貴風」が平成26年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞。
2020年、旭日小綬章を受章。

現在までベルリン・ドイツ交響楽団、BBC交響楽団、サイトウキネン・オーケストラ等と武満徹作曲「ノヴェンバー・ステップス」を計37回協演。海外及び国内でのリサイタルは190回を数える。

普及用の合成樹脂製の尺八[NOBLE管]で特許、うちなー(沖縄)尺八により実用新案を取得。現在、旧京都明暗寺所傳古典本曲を相良保之氏に師事中。
また邦楽啓蒙プロジェクト「デーモン閣下の邦楽維新Collaboration」をプロデュース展開し、22年目を迎えた。

琴古流尺八貴風会家元。日本三曲協会会員。琴古流協会会員。大阪音楽大学客員教授。現代邦楽“考”代表。