鮫島有美子プロフィール

PROFILEプロフィール

鮫島有美子

鮫島有美子

ソプラノ
東京芸術大学声楽科、および同大学院修了。安宅賞受賞。
著書「歌の翼に」(音楽之友社)、「プラタナスの木蔭で」(時事通信社)、訳書「伴奏の芸術」(ムジカノーヴァ)。
二期会会員。洗足学園音楽大学客員教授。

1975年二期会オペラ《オテロ》のデズデーモナで主役デビュー。
その後、ドイツ政府奨学生としてベルリン音楽大学に留学。名ソプラノ、エリザベート・グリュンマーに学ぶ。
在学中より、ドイツ国内やヨーロッパ各地で様々な演奏活動を始め、1982年よりドイツ、ウルム歌劇場の専属歌手として種々の大役を演じてきた。 
1985年、《日本のうた》でレコードデビューを果たし、一躍脚光を浴びる。ドイツをはじめヨーロッパ諸国、中南米、そして日本でも、オペラやリサイタル、全国にわたるコンサートのツアー、テレビ、ラジオなど精力的にその活動の場を広げている。
1992年、日本の代表的なオペラ《夕鶴》のつうを初めて演じ絶賛を受けて、再演を重ねた。
1998年にはモスクワ公演に参加。
1993年、NHKホール20周年記念公演《漂泊者のアリア》の砂原美智子役に抜擢され、沢田研二、風吹ジュンらと共演。
1995年、シェイクスピア作《オセロー》のデズデモーナ役で、平幹二郎、村井国夫らと共演、クラシックの歌い手として稀な試みに挑んで大役を果たした。新国立劇場においては、1999年に、創作オペラ《罪と罰》のヒロインのソーニャ、2000年に、オペラ《夕鶴》の新演出でつうを演じている。
2005年、演出家の鬼才 栗山民也によって、オーケストラピットを使用しない新たな形態で作られたオペラ《夕鶴》においては、ひときわシンプルな舞台の中で見事に演じきったつうで、今までにも増して高い評価を得た。 
1990年日本ゴールドディスク大賞、1991年度大阪ザ・シンフォニーホール・クリスタル賞受賞。
日本コロムビアより数々のCDアルバムがリリースされている。