寺神戸亮クレスト1000シリーズ バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ全集

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

寺神戸亮

クレスト1000シリーズ バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ全集

[ALBUM] 2012/12/19発売

クレスト1000シリーズ バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ全集

COCO-73339-40 ¥1,500+税

レコード芸術特選

直営ショップで購入

J.S. バッハ
ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ(全6曲)
ソナタ 第1番 ロ短調 BWV 1014
ソナタ 第2番 イ長調 BWV 1015
ソナタ 第3番 ホ長調 BWV 1016
ソナタ 第4番 ハ短調 BWV 1017
ソナタ 第5番 ヘ短調 BWV 1018
ソナタ 第6番 ト長調 BWV 1019
ソナタ 第6番/初期の草稿 BWV.1019a
第2草稿の第3楽章:ト長調
第1/第2草稿の第4楽章:Adagio;ロ短調
第1草稿の第3楽章:(チェンバロ・ソロ);ホ短調
第1草稿の第5楽章:(ヴァイオリンとコンティヌオ);ト短調


寺神戸亮(バロック・ヴァイオリン)
シーベ・ヘンストラ(チェンバロ)

録音:1996年7月22日〜26日、29日 オランダ、デルフト、旧カトリック教会

購入する

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。



2度のレコード・アカデミー賞受賞後、満を持して発表され、ピリオド楽器によるバッハ演奏の金字塔となった名盤。

演奏スタイルがピリオドからモダンへの揺り戻し傾向にあっても、三声部が二人で奏されるこの作品の有機性を十全に味わうには歴史的楽器が必須です。2度のレコード・アカデミー賞受賞後、満を持して発表され、ピリオド楽器によるバッハといえば寺神戸との評価を決定づけた本盤は、演奏の信頼性と感動の深さ、録音を含めた全体の完成度の高さから、まず指を屈せられるべき名盤です。第6番の成立過程を音で確かめられる異稿も収録。