寺神戸亮テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア

DISCOGRAPHY ディスコグラフィ

寺神戸亮

テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア

[ALBUM] 2011/05/18発売

テレマン:無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア

COGQ-54-5 ¥3,500+税

SACD 2ch、5.0ch

配信

1. ファンタジア 第1番 変ロ長調 TWV 40:14
2. ファンタジア 第2番 ト長調 TWV 40:15
3. ファンタジア 第3番 へ短調 TWV 40:16
4. ファンタジア 第4番 ニ長調 TWV 40:17
5. ファンタジア 第5番 イ長調 TWV 40:18
6. ファンタジア 第6番 ホ短調 TWV 40:19
7. ファンタジア 第7番 変ホ長調 TWV 40:20
8. ファンタジア 第8番 ホ長調 TWV 40:21
9. ファンタジア 第9番 ロ短調 TWV 40:22
10. ファンタジア 第10番 ニ長調 TWV 40:23
11. ファンタジア 第11番 ヘ長調 TWV 40:24
12. ファンタジア 第12番 イ短調 TWV 40:25

購入する

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

寺神戸亮(バロック/ヴァイオリン)
録音:2010年9月13〜16日 Hakujuホール(東京)

平成23年度(第66回)文化庁芸術祭 レコード部門「優秀賞」受賞作品


ただ一挺のヴァイオリンからこれほどまでに豊かな音楽が紡ぎ出されるのか。驚きと感動をお約束する名盤の誕生です。レコード・アカデミー賞を3回受賞しているバロック・ヴァイオリンの世界的名手、寺神戸亮が、バロック音楽の魅力を最もピュアな形で味わわせてくれます。
ピリオド楽器やピリオド奏法の浸透とともに、急速に再評価が進んだテレマン。当時はバッハを凌ぐ人気と名声を博していました。あらゆるジャンルに渡る膨大な作品がありますが、一人の奏者のためのいくつかの無伴奏作品は、いずれもテレマンの音楽を最も純粋な形で味わうことのできる逸品揃いです。
ヴァイオリンのためのファンタジア(幻想曲)は、峻厳で後光を放つようなバッハの有名な「ソナタとパルティータ」とは対照的に、対位法の妙を駆使しながらも、形式・曲想ともに多彩で、より自由な感興に満ち、洗練された表現を備えた実に魅力的な曲集です。ところが意外なことに、無伴奏フルートの曲集に比べて録音に恵まれてこなかったため、今回の寺神戸盤の登場は決定盤となるものを思われます。「シャコンヌへの道 〜無伴奏ヴァイオリン・リサイタル」に2曲が収められていましたが、全曲録音を望む多くの声にお応えして、全曲を新たに録りおろした待望のリリースです。