山野ミナプロフィール

PROFILEプロフィール

山野ミナ

山野ミナ

シンガーソングライター 大阪出身 大阪芸術大学美術学科卒業
ジャズレコードコレクターで絵画や彫刻品などのコレクターでもある父を持つ。幼少の頃から自然とジャズやアートに触れてきた。大学4年間では美術を学び油絵を描いていたが、在学中に出会ったミュージカルの舞台に衝撃を受け、舞台の世界を志すようになる。ミュージカルの養成所で歌やダンス、芝居を習い数々の舞台経験を経て、2010年より関西のジャズハウス中心にジャズ・ボサノヴァなど歌い、ライブ活動を開始。2011年2月11日WBC世界タイトルマッチ井岡一翔VSオーレドン・シッサマーチャイ(TBS中継)にて日本国国歌『君が代』を独唱した。ボサノヴァ歌手である従兄弟のヒガシノリュウイチロウ氏の影響でブラジル音楽に興味を持ち、サンバやMPB、ボサノヴァなどブラジル音楽を本格的に歌い始める。2014年にはボサノヴァアルバム『Brasilian Groove featuring MinaYamano』にゲストボーカルとして参加し、独特な歌声と正確な発音で好評を得た。2016年、ギタリスト平岡遊一郎氏をサウンドプロデューサーとして迎え、 自己の1stミニアルバム『VIROU AREIA』を発表。軽やかで少し哀愁の漂う唯一無二の歌声で聴かせる。2017年6月、自身の日本語オリジナル曲をキーボーディスト・ピアニストの安部潤プロデュース、世界のジャズシーンで活躍するデンマークのジャズベーシスト・Chris Minh Dokyのオーガナイズにより、コペンハーゲン録音にてデンマークのミュージシャン達とのコラボレーションした1stフルアルバム『My Treasure』を2018年9月にDVD付き限定盤を自主リリース。2020年1月には全国流通盤として『My Treasure~New Edition~』をリリース。また2017年より画家としての活動も再開し、銀座のギャラリーカメリアでの初の個展を開催。2020年には小伝馬町Roonee 247 Fine Arts、代官山MONKEY GALLERYで開催。日本人離れした独特の色彩感覚と音楽的なタッチには定評がある。

http://minayamano.com/
https://twitter.com/minayamano?lang=ja
https://www.instagram.com/minayamano/
https://www.facebook.com/minayamano
https://www.youtube.com/channel/UCYKiemW91I52NYDrqsFTqHA