チェコアニメ傑作選I商品情報

チェコアニメ傑作選I

チェコアニメ傑作選I

[DVD] 2006/12/02発売

チェコアニメ傑作選I

COBM-5453 ¥3,800+税

チェコの傑作アニメーションがプライス・ダウン!
ポヤル監督のカンヌ受賞作である『飲みすぎた一杯』やデビュー作の『魔法の森のお菓子の家』(美術・人形をトルンカが担当)、トルンカの『フルヴィーネクのサーカス』との競作になる『探偵シュペイブル』。『笛吹き男』『最後の盗み』など様々な技法を使うバルタ監督のレリーフを使ったデビュー作『謎かけと飴玉』や珍しくイラストのみを使った『ディスクジョッキー』など、珠玉の短編を収録!!

■収録作品
ヤロスラフ・ザフラドニーク
『粘土』('72/カラー/4分)
余った粘土の固まりが人形になって動き出す、実写とクレイアニメを組み合わせた短編。

ヤナ・メルグロヴァー
『ジェネシス』('66/カラー/6分)
コインが投げこまれ、不思議な工程で人間のパーツが組み立てられていく。

イジー・バルタ
『謎かけと飴玉』('78/カラー/8分)
飴玉をもらうためには謎かけに答えなければいけない。レリーフ(半立体)を使ったデビュー作。

『ディスクジョッキー』('80/カラー/10分)
回転するレコード盤。コーヒーカップ、ボタンなど、連続する円形のイラストで、
ディスクジョッキーの日常を描く。

ブジェチスラフ・ポヤル
『魔法の森のお菓子の家』('51/カラー/18分)
「ヘンデルとグレーテル」を下敷きにしたポヤルの監督デビュー作。

『飲みすぎた一杯』('53/カラー/19分)
恋人のもとへ向かうバイク青年は、偶然入った店で結婚式に遭遇し、ついついグラスを重ねてしまう。
スピード感あふれる映像が印象的。

『探偵シュペイブル』('55/カラー/22分)
犯罪小説を読みふけり、子供を相手にしないシュペイブルは、夢の中で仕返しをされる。

『ロマンス』('63/カラー/14分)
次々とお金持ちの男に乗り換えていくロマンスを、乗り物に乗り換えることで表現した短編。


1951年〜1980年チェコ作品 101分収録
片面1層,チャプター有,メニュー画面 日本語字幕
カラー/4:3
音声 モノラル/ドルビーデジタル

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

「ぼくらと遊ぼう!」のポヤルや、イジー・バルタなど「チェコアニメ映画祭」で人気を博した珠玉の短篇集!!

『謎かけと飴玉』『謎かけと飴玉』『ディスクジョッキー』
『謎かけと飴玉』『謎かけと飴玉』『ディスクジョッキー』