佐野隆光 / 椰子の実/「サラダ記念日」より商品情報

佐野隆光 / 椰子の実/「サラダ記念日」より

佐野隆光 / 椰子の実/「サラダ記念日」より

[ALBUM] 2021/05/12発売

佐野隆光 / 椰子の実/「サラダ記念日」より

COCJ-41433 ¥1,550 (税抜価格 ¥1,409)

直営ショップで購入

  • 1.椰子の実
    (歌)
    名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実ひとつ
    (朗吟)
    名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実ひとつ
    故郷の岸を離れて 汝はそも波に幾月
    旧の樹は生いや茂れる 枝はなお影をやなせる
    われもまた渚を枕 孤身の浮寝の旅ぞ
    実をとりて胸にあつれば 新なり流離の憂
    海の日の沈むを見れば 激り落つ異郷の涙
    思いやる八重の汐々 いづれの日にか国に帰らん

  • 2.「サラダ記念日」より
    (短歌朗読・歌)
    万智ちゃんを先生と呼ぶ子らがいて
    神奈川県立橋本高校
    (短歌朗読・歌)
    今日までに私がついた嘘なんて
    どうでもいいよというような海
    (短歌朗読・歌)
    「この味がいいね」と君が言ったから
    七月六日はサラダ記念日
    (短歌朗読・歌)
    潮風に君のにおいがふいに舞う
    抱き寄せられて貝殻になる

  • 3.椰子の実
     (オリジナル・カラオケ)[歌 E/朗吟 Gm]

購入する

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

遥か彼方望郷のおもいをめぐらす島崎藤村の「椰子の実」。
鮮麗、生新な歌くちで短歌界にセンセーションをおこした俵万智(「サラダ記念日」より)の短歌。
美しい日本の言葉と発声を分かり易く(歌詞)に示す佐野隆光の“うた世界”