ヒメのたしなみ 〜エンカのひとつでも唄えなくては〜商品情報

ヒメのたしなみ 〜エンカのひとつでも唄えなくては〜

ヒメのたしなみ 〜エンカのひとつでも唄えなくては〜

[ALBUM] 2009/03/18発売

ヒメのたしなみ 〜エンカのひとつでも唄えなくては〜

COCP-35489 ¥1,905+税

<MIDNIGHT MARUNOUCHI>
★特設サイトはこちら>>>
  • 1.天城越え / 石川さゆり

  • 2.夜桜お七 / 坂本冬美

  • 3.別れの予感 / テレサ・テン

  • 4.ラヴ・イズ・オーヴァー / 欧陽菲菲

  • 5.喝采 / ちあきなおみ

  • 6.あなたならどうする / いしだあゆみ

  • 7.愛の水中花 / 松坂慶子

  • 8.ふたりの大阪 / 都はるみ、宮崎雅

  • 9.もしかしてPartII / 美樹克彦、小林幸子

  • 10.人生いろいろ / 島倉千代子

  • 11.雨の慕情 / 八代亜紀

  • 12.おもいで酒 / 小林幸子

  • 13.捨てられて / 長山洋子

  • 14.無言坂 / 香西かおり

  • 15.愛燦燦(あいさんさん) / 美空ひばり

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

*1997年再録音/☆1991年再録音

ミッツママ(ミッツ・マングローブ)の歌唱アドバイス付

 マツコ・デラックスさん、大推薦!!

 「浅はかな歌ばかり聴いていると、はしたない女になってしまいますよ。」

…マツコ・デラックス
(コラムニスト、エッセイスト)
マツコ・デラックス

エンカな女は、美しい。
―身につけたい! 日本女性の生きかた、愛しかた、振舞いかた。―
女性のためのエンカ・コンピレーションアルバム誕生!

■恋愛、結婚、仕事、旅行、ファッション、グルメ、健康、エコ、家族、友達・・・
 日本の女性は、忙しい。 めまぐるしい日々の中で、忘れてはいけない、日本の心。
 日本に生まれたからには、素敵なエンカのひとつでも唄えなくては、美しいヒメにはなれませぬ。
■今までなかった、女性のためのエンカ・コンピレーションアルバムをまじめに作りました。

ミッツ・マングローブミッツママの書き下ろし
『ヒメのための歌唱アドバイス(全曲)』を歌詩カードに掲載!

監修・解説:ミッツママ(ミッツ・マングローブ)
女装家。
舞台芸人、歌謡歌手などの活動を展開する傍ら、東京・丸の内にあるスナック『来夢来人』のママとして、都会に生きる女性たちを見守り続けている。
◆来夢来人◆
http://www.raimuraito.jp/
1.天城越え / 石川さゆり
「静と動」、「押しと引き」を巧く使いこなしたい一曲です。最後の決め台詞前に来る一瞬の沈黙や、鼓の音の向こうで息を殺しつつも昇りつめていくサビ前。まさに「躯うらはら」な女の狂気を、全身全霊で表現してください。昔から「天城上手は愛し上手。」と言われています。

2.夜桜お七 / 坂本冬美
とてもキャッチーな曲であるが故、いろんな意味で「やり過ぎ注意」です。サビの躍動感を際立たせるためには、Aメロ及びバース部分をしっかりと歌いこなしてこそ。ただ派手なだけではない、辛抱強い女を磨いてくださいね。

5.喝采 / ちあきなおみ
「君、なかなか渋いねぇ。」と上司のオッサンを喜ばせるにはピッタリの一曲です。ノスタルジックな場の結束をさらに強める効果を発揮します。特にお酒の席では、その程度の位置付けで充分です。「いいよねぇ。昭和。」なんつって盛り上がってください。間違っても「恋人の死に直面しても仕事をまっとうした女の歌」などという本来の歌詞世界を体現しませぬよう。

13.捨てられて / 長山洋子
もはやお酒の席や宴会などで、演歌を披露するということが、ひとつの「ネタ」として成立してしまった現代社会に向けて用意された「お答え」のような曲です。でもね……。ふとカウンターに座ったまま、ちょっぴりしなだれながら歌われた夜にゃ、男としては堪らないはずよ。さりげないフェロモンね。
※歌詩カードより一部を抜粋

収録曲
1.天城越え / 石川さゆり 第37回 紅白歌合戦 紅組トリ (86年)
2.夜桜お七 / 坂本冬美 第47回 紅白歌合戦 紅組トリ (94年)
3.別れの予感 / テレサ・テン 第21回 全日本有線放送大賞 上半期グランプリ (87年)
4.ラヴ・イズ・オーヴァー / 欧陽菲菲 第25回日本レコード大賞 ロング・セラー賞 (82年)
5.喝采 / ちあきなおみ 第14回 日本レコード大賞 (72年)
6.あなたならどうする / いしだあゆみ 多くのアーティストにカヴァーされ、CMでも知られる名曲 (70年)
7.愛の水中花 / 松坂慶子 ドラマ「水中花」主題歌 (79年)
8.ふたりの大阪 / 都はるみ、宮崎雅 デュエット人気ランキング上位の定番曲 (81年)
9.もしかしてPartII / 美樹克彦、小林幸子 世代を超えて愛されるデュエットの人気曲 (84年)
10.人生いろいろ / 島倉千代子 第30回 日本レコード大賞 最優秀歌唱賞 (87年)
11.雨の慕情 / 八代亜紀 第22回 日本レコード大賞 (80年)
12.おもいで酒 / 小林幸子 ザ・ベストテン 年間チャート第1位 (79年)
13.捨てられて / 長山洋子 第28回 日本有線大賞 (95年)
14.無言坂 / 香西かおり 第35回 日本レコード大賞 (93年)
15.愛燦燦 / 美空ひばり 「味の素」CMソング (86年)
※( )内は発売年

“ヒメのたしなみ”シリーズのご案内!

ヒメのたしなみ2 〜エンカのひとつでも唄えなくては〜
COCP-36334 ¥1,905+税
 
ヒメのたしなみ3 〜ハモリのひとつでも唄えなくては〜
COCP-37214 ¥1,905+税