高木真知子 / カフゥヌスィマ〜果報の島〜商品情報

高木真知子 / カフゥヌスィマ〜果報の島〜

高木真知子 / カフゥヌスィマ〜果報の島〜

[ALBUM] 2020/09/23発売

高木真知子 / カフゥヌスィマ〜果報の島〜

COKM-42808 <配信限定>

Unknown Silence
  • 1.あわうた
     (古代神唄 作曲:高木真知子)

  • 2.赤馬節ーしゅうら節
     (八重山民謡)

  • 3.小浜節
     (八重山民謡)

  • 4.つぃんだら節ー久場山越路節
     (八重山民謡)

  • 5.弥勒節
     (八重山民謡)

  • 6.ひふみ祝詞
     (古代祝詞 作曲:高木真知子)

  • 7.月ぬ美しゃ
     (八重山民謡)

※お使いの環境では試聴機能をご利用いただけません。当サイトの推奨環境をご参照ください。

※高木真知子の高は、はしご高が正式表記です

Machiko Takagi [Kafunusima]


「カフゥヌスィマ〜果報ぬ島〜」

 初めての八重山旅行で島唄に触れた時、源から解き放たれた様な安らぎを感じました。
自然や生活の中に溶け込む様にある唄の数々は、島に暮らす人々にとって、水や空氣と同じ様に存在している様に感じます。
わたしの石垣島の暮らしは、今年で10年目となります。
 以前はあたりまえに存在していた島の原風景が、ここ最近どんどん変わり続けています。
そしてその一つ一つがとても貴重で、儚く、かけがえのないものだと強く感じる様になりました。
「あわうた」や「ひふみ祝詞」をうたうようになったのは、そんな自然への敬意と感謝の想いを、うたとして表現したかったからかもしれません。
 この度、素晴らしいミュージシャン、エンジニアの方々のご協力のもと、島の風景を描いた様な音楽が生まれました。関わって下さった多くの方々のご縁、八重山の神々と自然、文化、その全ての繋がりに感謝致します。

2019年11月 高木真知子
※高木真知子の高は、はしご高が正式表記です
Unknown Silence

Unknown Silence

これまで自身でレーベルを立ち上げ「武満徹ソングブック」「No Nukes Jazz Orchestra」など、数々の良質な音楽を産み出し高い評価を得てきた音楽家・沢田穣治が、2020年、さらなる高みを目指し新レーベルを立ち上げる。その名は「アンノウン サイレンス(Unknown Silence)」。
unknown・silence・monochrome・nowhere
4つのコンセプトをモットーに掲げ、かつてジョン・ケージが「沈黙」の中に音を発見した地である日本の古都・京都をベースエリアに設定。私たちがまだ耳にしたことのない「音」を、日本から世界へ国境を越えて発信していく。
琵琶湖畔を臨むstudio BOSCOにてスタジオ主宰のエンジニア森 崇氏の描き出す音の質感を大切に、アメリカのNONESUCH、ドイツのECM をマイルストーンとしながら、音楽家でありオーナーである沢田が理想とするレーベル・イメージを明確化したラインナップを展開する。

沢田穣治
©cafeBeulmans yoshioka

沢田穣治(作曲家・アレンジャー・コントラバス)

ジャンルを限定しない表現で映画、アニメ、アルバムのプロデュースなど音楽制作に広く関わり、ブラジル音楽の室内楽トリオである「ショーロクラブ / Choro Club」での活動は30年にも及ぶ。
最近では京都市立藝術大学で修復されたバシェ音響彫刻の研究にも関わり、バシェ音響彫刻の演奏家、作曲家としてはロームシアターでの公演、2018年には映像作家Vincent Moonとのコラボレーションも果たす。
現代音楽及び邦楽器などのための室内楽作品の委嘱などの作曲と並行して、シンガーとの公演、アルバム制作もEPO、おおたか静流、川本真琴、畠山美由紀、Vinicius Cantuaria、Joyce Moreno、太田裕美など多岐にわたり、jimama、松下奈緒のプロデュースも手掛ける。
個人活動で作曲家の窪田ミナと「Nowhere Chamber Ensemble」、高木正勝などと「Closeness Ensemble of Kyoto」、ジャズ回帰から「沢田穣治カルテット」を結成。
楽器はベース以外にもギターをはじめとした弦楽器全般、ピアノなど幅広く演奏。
2019年にはピアノソロアルバム「場違いな工芸品」をJBK Recordsからリリース。